ライトノベル, 読書感想, 一迅社文庫

やっぱり、逃げるなんてできない。自分のしたことからは逃げられないよ。

トワコが夏彦の前から姿を消した。突然の別れによって、夏彦は否応なしに変わっていく。そして、彼に想いを寄せる希有も、夏彦の側にいるために、彼へと踏み込んで ...

ライトノベル, 読書感想, 一迅社文庫

時が人を置き去りにすることはない。人は時とともに変わりゆくものだ。

トワコや真鳥姉妹との出会いと、ローラン兄妹の戦いを経て、夏彦の生活は変化していく。取り戻したはずの日常は、これまでと少し違っていて、それが希有との関係に小 ...

ライトノベル, 読書感想, 一迅社文庫

あえてこのような言い方をしよう。君たちの運命は歪んでいるのだ。

出会ってからたった二度しか言葉を交わすことのなかった少女・トワコに「忘れてほしい」と告げられた少年・夏彦は、知らずに惹かれていた彼女のことを忘れるなどできなか ...