ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

さあ、桃原。開戦を告げるゴングは鳴った。正々堂々、騙し合いといこう。

冥府に忍び寄る陰謀の気配を感じながらも、誓護は決断を下す。最愛の妹・祈祝を拉致されたままの誓護は、彼女を取り戻すために千秋たちの軍門に下ること。秘密裏に ...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

いずれ貴方は選ばなければなりません。すべてを知り、人間の資格を失うか。それとも、何も知らぬまま、平穏な暮らしに戻っていくか。

最愛の妹・祈祝が敵の手に囚われた事実を知り、誓護は激しく動揺する。妹を救うか、アコニットに手を貸 ...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

私は戻ってきたわ。戻ってきたのよ。貴女をこの手で――殺してあげるために。

冥府から追われる身となったアコニットを匿う誓護は、彼女を変装させ、自身と同じ白耀学園へ通わせていた。迫り来る危険から逃げるでもなく、日常生活を続ける ...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

大丈夫。君のことは、僕が護るよ。

奇妙な眠り病が世間を騒がせる街。誓護はクラスメイトの女子に呼ばれ、学園の時計塔へ向かった。しかし、そこで誓護を待ち受けていたのは、突然の轟音と地に倒れ伏すクラスメイト、そして黒い稲妻をその ...