ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

たぶん……僕は、アーティアに恋してる。生まれて初めて、心の底からさ。この想いだけはきっと、嘘なんかついてちゃ届かないんだよ……。

《罪人竜の息吹(ヴァーミリオン)》摘出の手段を求め旅をする、バーンとアーティアが訪れたのは開 ...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

恋する若造を止める方など、ありはせんのだよ。この開拓辺境にはな

顔の良さと口の巧さで女たちを騙し世を渡る男、バーン・フラットランドは、開拓辺境随一の成功者、シム・ジュニアの取引の現場に居合わせ、偶然からその取引物《罪人竜の ...