狂乱家族日記 参さつめ

このページは約 51秒で読めます。

狂乱家族日記 参さつめ読了。

スゴい勢いでリリースが続く「狂乱家族日記」第参弾。物語的には起承転結の転に当たるということで、今まで明かされなかった裏設定があれよあれよという間にさっぱり説明されて大変なことに。勢いで展開する作品なだけに、説得力? ナニソレ、という印象は否めませんが、なんだかんだで家族の絆を描こうとするコンセプトは健在。死神三番という当て馬(失礼)をぶつけることで、凰火の決意を固めさせたり、過去に起こった事件の伏線を一挙に回収したりと、急転直下なエピソードでしたが、最後はなんだかんだでほっとさせるやりとりが挿入されるのは気持ち良いですね。多分、あと数巻の物語ですが、この勢いを殺すことなく、つかの間の宴のような、通り過ぎる嵐のような騒がしさを堪能させてもらいたいものです。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 狂乱家族日記 参さつめ

Still quiet here.

Comments are closed.