コミックマーケット80 に参加してきました

このページは約 15分24秒で読めます。

8月12日~14日までコミケ参加のために東京に行ってきました。

昨年の夏(C78)は日帰りでの強行軍、冬(C79)は初のサークル参加、そして、C80は2日間の参加と着実にダメな方向に進んでいるような気がしますが、気にしない! というか、これ以上は体力的に厳しいなあと感じつつあるので、次回はどうなるか悩ましいところですね。

とはいえ、今回の参加についても、主目的がサークル参加で「散財しまくるぜひゃっほう!」なテンションではなかったんですが、マイペースで堪能できたのは結果的には良かったんじゃないかと。

そんな今回のコミケ道中、思いつく限りで適当に書いてみようかと。

8月13日(土)

コミケ2日目。

運良く休みをゲットできた2日目。14日のサークル入場のためどうしても前日入りする必要がある*1ための移動日扱い。

まぁ、休みだし、せっかくなら2日目も参加しよう、時間も元気もあるからと、朝一で出発しました。燕三条駅から東京へ約2時間の道程。とりあえず、駅で見かけたリュック持ちの男性陣何人かは同じ目的とお見受けしましたがいかがだったでしょうか?

そういえば、昨年の日帰り参加の時も同じ方法でビッグサイトまで行きましたが、13日の移動の手段は、東京駅発の直通バス。東京駅でロッカーに着替えとかの荷物を預けて、バス停へと移動。と、その前に飲み物と食べてなかった朝飯を購入。あんまり重いものを食べて、腹の調子がどうにかなっても困るなあと、ウイダーinゼリー×2と、飲み物を購入しようとコンビニの棚を覗いていたら、スポーツドリンクが見当たりません。よくよく目をこらすと、商品POP「アクエリアス」の棚だけ見事に空っぽ。

わけがわからないよ!

くそう、同じことを考えている多数の人たちに先を越されてしまったため、他の飲み物に変更。お茶は良くないとは聞きますがないよりはマシだし、塩飴も常備してきたので、足りなかったら現地で調達しようという腹づもり。結果的にはそれでOKでしたが、事前準備はやっぱり大事ですねえ。

そんな感じでバスに乗車。まさにすし詰め。でもまあ、行きの路線なので、そんなに空気は悪くないかな。電車が蒸し暑いとか、そんな感想を Twitter の TL で見ていたけど、バスは密着具合さえ我慢できれば、悪くはないのかなとか思ったり。とはいえ、車内であんまり濃ゆい話をされてもなあ。いや、テンション上がってきてるのはよく分かるんですけどね。これもまた風物詩。そんな感じで揺られること20分程度で到着。

ビッグサイト到着後は迷わずに東館へ移動。とはいえ、通路の進みはゆっくりだわ、館内の暑さは想像以上だわ、相変わらず夏コミは地獄ですね! 目的としていたのはSpicy TailsWORLD END ECONOMiCAくらいだったので、頒布場所めがけて直進。時間が多少遅かったおかげか、件のスペースは待ち時間なしで入手できました。やっほう。それでも、一部の壁サークルとかはすさまじい行列が形成されたままで、この酷暑の中、外で並ぶのはほんと大変だなあと思いましたよ。

館内の暑さはかなりのものでしたが、外は風が吹いていたり、そもそもの人口密度が列に並んでいなければ低いため、日陰に入れば割と過ごしやすかったのはまた事実。短時間、ホール内を移動しただけでかなりぐったりしてしまったので、小休止を挟みながら西館方面へ移動しました。

西館や企業ブースの方もじっくり回ってみたくはあったんですが、適当にぶらついた後に速攻で離脱。ホテルのチェックインの予定もあったし、いい加減、汗をかきすぎて気持ち悪くなってきたので、頃合いと思い移動開始。上野で宿を取ったんですが、最寄り駅が日比谷線の入谷駅だということをうっかり忘れて、上野駅から歩いてまた汗だくに。ほんと、計画って大事……。

で、ホテルに入って、着替えてシャワー浴びて、ちょうど @ajino からもお誘いをもらってたので、秋葉に移動。買い逃してたラノベ手に入れたり、うちわを適当にもらったり時間をつぶして合流後は居酒屋で夕食。普段はビールとか呑まないんですが、一杯目のビールのなんと旨かったことか。どんだけ水分欲していたんだという気もしますが、いろいろ話して盛り上がりました。

お互い翌日は早いということで8時前には解散。そのまま私もホテルに戻って、屋内に設置されていたコインランドリーに汗を吸いまくったシャツやらタオルやらを放り込んでお洗濯。買った本を読みつつ乾燥終了を待って、就寝して旅の初日は終了。寝坊が怖いので、タイマーは何回も鳴るようにセットしましたよ、さすがに(笑)

8月14日(日)

コミケ3日目。

本日の予想天気も34度とか見て、いきなり気力を削がれました。荷物をまとめて着替えて、東京駅に移動。この日の宿は神田で取っていたので*2東京駅を中心に移動するプラン。またしても荷物を駅のコインロッカーに預けて身軽に。前日とほぼ同じ行動でビッグサイトに向かうわけですが、朝食もウイダーinゼリー×2で同じってどういうことなんだか。しかし、それ以上に驚愕したのが、前日同様、アクエリアスが完売していたこと。

わけがわからないよ!

コンビニの人、おそらく毎年同じ状態なんだから、せめて在庫はもう少し……。

前日よりも早い出発だったので、バスの進行もすいすい。道路が空いていればスムーズに到着できるのはありがたいですね。到着して、すでに大量に並んでいる待機列を見ながら、お先に入場させてもらいます。まだこの時間は移動が楽ですぐにスペースに到着。このだだっ広い空間が、人間で埋まるとか恐ろしいですな!

てあたりで、主宰のいながわさん(@1nagawa)らとも無事合流して、設営もさくさくと。今回は昨年の冬コミ以降の本が並んで計3種類。点数自体は多くないので準備完了後はお隣さんとかと雑談したりでまったりタイム。まぁ、その裏では、サークル参加者たちによる、熾烈な列形成が行われていたようですが。

直前になって内容がわかった半公式的なスタッフの手による「まどか☆マギカ」同人誌の人気といったらもう。エントロピーを凌駕してもおかしくないくらいの狂乱振りでしょう。すでに、始発組の入手は困難では? などという情報戦が開始され、今日という一日の過酷さを予感させました。

そして開場。

会社から電話来たけど、さすがにどうしようもありません(笑)

入場開始後の低い地鳴りのような多数の足音が、いよいよホールになだれ込んできますが、主戦場はこちらとは逆の東1~3の方だったので、意外と少ないな? とか思っていたのが甘かった。

動かなくても、暑いのは暑いのです……溶ける。とりあえず、急ぎで回収しなければならないノルマは私にはなかったので、しばらくはオンリーロンリーに売り子モード。いや、動くの疲れそうだし、接客というか、手に取られる方と話すのは楽しいので願ったり叶ったりではありますよ。入場後、しばらくすると島中の方にも人が流れ込んできて、本もぽつぽつとさばけていきます。

今回の新刊については、鏡花さん本と決まった時点で、絵をどなたに依頼するかの話になったときに、第一に浮かんださあのちあ さんにご快諾いただけて感謝しきりです。やっぱり小説本とはいえ、装丁にも凝るのは決して自己満足ではないんですよねえ。あわせて暇人 さんにイラストをご提供いただいた殿子本もCOMIC☆1には来れなかった人が多かったのか、一緒に手にとっていただける方多数。というか、全部まとめてな人もけっこういらっしゃってありがたかったですね。昨年の冬の本は買ったから、それ以降のを、みたいなお言葉もいただけたりと、感謝感激な時間です。

いやホント。Twitter のフォロワーの方からもお声がけいただけたりと、こういう楽しさはこういう場でしか感じられないんだろうなあという思いでした。

私の方も、ちょこちょこ時間を取って、ホールを練り歩いてチェックしていたサークルの新刊ゲットしたりでほぼ目的も達成。予算がかなり少なかったので、新しい発見という意味では残念な形でしたが、この次は十分な弾を用意しておきたいところです!

そして、16時のアナウンスをもって、3日間のコミケは終了。手近な机や椅子を片付けて撤収作業のお手伝いの後、ビッグサイトから離脱です。

夜は PULLTOP クラスタなオフ会への参加予定だったので、ひとまず東京で荷物を回収してから神田のホテルにチェックイン。大浴場でさっぱりしてから合流のために外出。

ホント、この夏の暑さどうにかならないものですかねえ?

汗を流したばかりなのに、再び汗だくになりながら、オフ会メンバーと合流。参加者は @1nagawa 、 @amu_uma 、 @borroworrob 、 @hidahida26 、 @motona 、 @NOW_WelL 、 @yuuichi の7名。あむゆまさんと、てっちゃんさんはお初な感じ。まぁ、TL 上で絡んでるとあんまりそんな気はしないんですがね。

2時間と短い時間でしたが、むやみやたらに盛り上がって、3日目の良い締めになりました。席が、SS書きが片方に集まったせいか、割と創作系の談義で盛り上がったりしたのが印象的。次のネタどうするの的な話には血を吐きそうになりましたけどね。bot本とかね!

その後は二次会の面子と、帰宅組に分かれて解散。私はかなり疲れも溜まっていたので、そのままホテルに戻ってバタンキュー。こりゃあ、翌日ヤバいなと思ったら、見事ヤバかったのはお約束ですね。

8月15日(月)

コミケ4日目(嘘)*3

7時30分頃起床。やはり疲れていたのか、始発で帰ろうという目論見は、目が覚めた瞬間に砕かれてしまいました。

とりあえず、携帯から新幹線のチケット買おうと、モバイルSuicaのアプリを操作していたら、決済の段階で『クレカの認証に失敗しました』などと言われて購入できず。

わけがわからないよ!

何回かやってもアウトで、しょうがないので、別のクレカでなんとか決済。そっちを持っていなかったら、新幹線代が余分にかかっていただけに、不測の事態に対する備えというのは、やはり重要だなと思わされました。いや、前もって往復で買っておけばそんなことはなかったんですががが。

ともあれ、そんなことをやっていたら、直近の新幹線は逃してしまい、1時間くらい待つことに。前日買っておいた朝飯のウイダーinゼリー×2をちゅるちゅると腹に収めてごろごろしてから、ホテルをチェックアウト。

電車で神田駅から東京駅まで移動して新幹線ホームに。とりあえず、乗車待ち列の最後尾に並びますが、昨日までの長蛇の列を見ていると、この程度の長さと20~30分程度の待ち時間なんて、どうということはないですね(笑)

経験的には割とこの時期は満席になることが多かったんですが、今回は比較的空いていて、降りるまでまったりとすることができました。ほとんど寝ていたようなものですが、購入した評論系の同人誌とか読みながらで2時間が経過。

燕三条に到着後は乗り継ぎまで1時間とか、相変わらず不便さに(´・ω・`)な感じになりますが、昼飯食べて時間をつぶして、電車に乗って最寄り駅まで移動。その後はタクシーで自宅到着。12:30分頃に戻ってきました。

ということで3日間の日程は無事終了。心残りがなかったかといえば、資金的な都合が主原因でそれなりにあったんですが、疲れた以上に楽しめた時間でした。長時間の待機とかはさすがに耐えられないのと、自分たちの本を手に取ってくれる方と接することができるのが嬉しいという気持ちがありますので、やっぱり参加するならサークルとしての方が自分には合ってるのかなあとか思ったり。次回がどうなるかというのはまだわかりませんが、目標の一つとしたいなとは思いました。

雑多な感想ではありますがそんな感じで。参加された皆さん、お疲れ様でしたー。

……明日から仕事か……はぁ……(;´Д`)

  1. 新潟からの始発の新幹線を使っても東京着が8時過ぎなのでかなり危険というか多分無理 []
  2. 連泊でホテルの予約が取れなかった []
  3. ただし、一部の人には真 []
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to コミックマーケット80 に参加してきました

Still quiet here.

Comments are closed.