ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

でも、とにかくそうする。そうしたいんだよ、俺が。そう決めた。

飯見町に蔓延していく《赤い目》に関する噂。人々は悪夢に囚われ、次々と目を覚まさなくなっていく。誰が悪夢の親なのか、必死に探す直人と綾乃をあざ笑うかのように犠牲者 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

二度と直人を『ヘタレ』なんて呼ぶな。そう呼んでいいのは、わたしだけよ。

些細なすれ違いから生じた、直人と綾乃の間の亀裂。それから半月、ふたりは言葉を交わすこともなく距離を取り続けていた。そしてある日、棗に誘われ出かけたプー ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

……直人。わたしが人間じゃないと分かって、怖いと思わなかった?

〈夢神〉ヨミジを倒し、モーフィアスを手に扉の民として〈赤い目〉と戦う決意をした直人。しかし、悪夢にうなされる夜は毎日のように訪れ、学校の保健室で、綾乃に側にい ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

悪夢が現実を浸食する

父を亡くしてから1年が過ぎた。岸杜直人は妹とのふたりの生活をなんとか送りつつ、毎夜の悪夢に悩まされていた。そんな時、保健室で休んでいる最中に見た、赤い目の怪物がクラスメイトを頭から丸ごと食ってしまうと ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

伏線回収のオンパレード! の最終巻

傷つき満足に戦うこともできない拓也に代わり、ルスランに攫われた日向子を救出するために“城”を目指す礼奈と毬子。それを追う形で拓也と享司も“城”を目指す。主要人物が集う“城”でついに聖婚の ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

読了。

日向子と礼菜との三角関係は一応の決着? テリオン化した礼菜の凶行が! と帯で煽っておきながら、意外にあっさりと決着してしまったのが盛り上がりに欠ける要因かなぁ。ヒロインズの内面の機微の描写な、何気ないセリフの一言と ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

読了。

本作の的として描かれているテリオンは、その成り立ちからして人間らしい部分を多分に残しているために、明確な悪として認識することが読者にも登場人物にもしづらい部分がありますね。本巻では親をテリオンに殺された人間と、親を ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

読了。

ヒーローものの正道としての主人公の成長物語。なにやら裏がありそうで、けれど頼りになる助っ人新キャラ亨司を迎え、まさに最後の希望としてテリオンに立ち向かう拓也と日向子。自分の力もコントロールしきれず、日向子との連携も ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

読了。

前作の山姫アンチメモニクスとはうってかわって、正道のヒーローもの。変身するし。

そもそも主人公の勘違いで助けられたり助けられなかったりと、当人にしてみればとんでもないことですが、わりとあっさり目に流して ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

読了。

なんか無難なところに落としたなぁという印象。大きな障害もなく、いや、グレートな山姫襲来はどこまで本気か正気を疑いましたが、カズキと翠のフラグが進行していったのがもったいないかな。せっかくボクっ子少女剣士イズナとか登 ...