ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

ノエル一人を犠牲にしてしか因果律を保てないというのなら、そんなもんはぶっ壊れてしまえばいい! とにかく僕は気に入らない。ノエルを助けます。助けないと! それが調律士としての僕の初任務だ!!

“歪曲”とは世界の事象を悪意的に ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

見せてあげる。そして思い知りなさい。あんたの救ってきた人間の醜さってやつを。

一二三(ワルツ)によって捕らえられた一(にのまえ)とあまりあを救うために、九(いちじく)は彼女とゲームをすることになった。舞台となる城の中に強制 ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

人間なんて救うに値しない、愚かな生き物だということを、あの人間に媚を売るだけのニセ悪魔に、よぉく理解させなきゃ。

人間と契約し望みを叶える代償に魂を得る。悪魔である九(いちじく)と使い魔の一(にのまえ)はそんな契約者たちの ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

人生に必要なのは、砂糖と好奇心とわずかばかりの悪意さ。

とある街のボロビルに居を構える『九探偵事務所』。そこで探偵業を営むのは、銀髪の美少女・九(いちじく)と、黒尽くめの男・一(にのまえ)。表向きは探偵と名乗りつつも、ふた ...