ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

駆真さん、あなた――在紗の全てが好き……そう仰いましたよね。――もし在紗の全てを知っても、本当に好きでいられますか……?

わたし、鷹崎駆真。花も恥じらうおしとやかな十七歳の女子高生。今日はうっかり寝坊しちゃって、食べかけの ...

ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

いくら神さまが残酷でも、なにも悪いことをしていないわたしに、そんな酷い仕打ちをなさるはずがない。いくら神さまが残酷でも――そんなふうに人の運命を意味なく弄んだりはしない。

遠大な目的のため、終わりの見えない旅を続ける空飛ぶ ...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

ん……やっぱり、ねえさま、負けちゃ、いや。

急ぎ道行く駆真に出会い頭に告白してきた新人騎士・松永衛二。しかし、愛しい姪の在紗のために全てをかける駆真に、そんな輩を相手にする暇などなかった。蒼穹園騎士団が催す一大イベントの蒼 ...

ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

旅立ちなんかじゃない、これはきれいに飾り立てられた追放劇だ。

伝説にある「空の果て」を目指すため、空に浮かぶ島・イスラは、いつ終わるとも知れぬ旅に出る。そんなイスラの上で生活することになる人間のひとりカルエルは、かつて革命 ...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

……あと約二十五分。お相手を願おうか。――貴様は神と踊れるんだ、光栄に思え。

蒼穹園上空、人間たちを脅かす不純物・空獣の駆逐を使命とする騎士たちがいた。そんな騎士の中の一人、空を駆ける鎧を身にまとい、最強と名高い騎士・鷹崎 ...