携帯電話俺

このページは約 1分20秒で読めます。

stars 突然始まる携帯電話ライフ 後半の超展開は……

ある朝、目が覚めたら携帯電話になっていた。俺・藪沢大地の日常は突然、非日常に変わる。俺として存在している携帯電話の他に、ちゃんと人間としての俺もいるし、これは一体何が起きているのか? ……そして、俺は元の身体に戻れるのか?

しゃべれず、動けずの携帯電話にある朝なってしまうという、今時の「変身」 自身の日常生活を客観視しながら、人間関係とかにいろいろと思うことを語りつつ、なぜか後半は雰囲気が変わって置いてけぼり。

なんというか、もう、雰囲気ぶち壊しですよ。魔術がどうとか、姉妹の確執がどうとか、主人公からしたらどうでもいいというか、どうにもならないことで、物語の展開が、そんな主人公を放置して、他のキャラによって進行してエンド。何が言いたいのかよく分からないまま終わってしまったので、もやもやした読了感ですね。主人公の思い人、冴子や亜矢へのフォローがほとんどないし。投げすぎ。

と、思ったら、続刊出てたのね。でも正直、続きは気になるけど、あらすじ知るだけで十分に思えてしまうなあ。

hReview by ゆーいち , 2007/11/03

携帯電話俺

携帯電話俺
水市 恵
小学館 2007-06-19
スポンサーリンク

One Trackback to 携帯電話俺

booklines.net
booklines.net 2007年11月3日 at 8:16:55

[水市恵] 携帯電話俺…

目が覚めたら携帯電話になっていた。でも目の前にある俺の身体は動いている。どうやら俺の偽者が身体を使っているらしい。しかも、俺の声は誰にも届かないようで、友人の悟やあこが…

0 Responses to 携帯電話俺