コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN11『想い の 力』

このページは約 3分13秒で読めます。

ルルーシュ、お前は誰だ? 学園の方のルルーシュは、なんか変な行動取ってますね。って、やはり影武者。ロロに怒られた彼女は咲世子さん!? 万能メイドめ!

一方中華連邦は天子を見捨て、黒の騎士団の撃滅を選択。この辺はラウンズとその背後のブリタニアの思惑が透けて見えますね。大宦官たちの天子のすげ替え発言に激高するシンクー。ジノの個人的な恨みはともかく、カレンは捕まってしまいましたね。あの縛りはえろすぎる(笑)

黒の騎士団と、ラウンズ、そして中華連邦と切り捨てられた星刻たち、四つ巴の混戦を背景に大宦官とゼロの会話。天子はパーツ。そして自らはブリタニアの貴族としての身分を得ることで、国を売ろうとする大宦官たち。こいつら、腐ってやがる。

ジノに苦戦する星刻。天子はそれを見かね、戦いを止めるべく甲板へ。一斉射撃にて天子ごと葬り去ろうとする大宦官たち。神虎と、自らの身を挺して天子を守る星刻。とどめの一撃を防いだのは、ルルーシュの新ナイトメア・蜃気楼。最強クラスの防御力と、問答無用の火力、未完成に近かったガウェインのドルイドシステムの発展系? それはともかく、ここからは黒の騎士団のターン! 大宦官とゼロの会話を国内に流し、星刻の仕掛けた一斉蜂起の策も取り込み、形勢逆転。ようやく戦略による勝利が掴めそう。

シュナイゼルは状況の変化を機敏に察知し、大宦官を切り捨て撤退。でも、カレンまで攫われて、戦力的には大幅ダウン必至だなあ。スザクの策略とかいうけど、皇帝に記憶改竄されたらアウトじゃないんだろうか? そして、戦場で見えたアーニャとC.C.の共鳴? てことは、アーニャはルルーシュトの関係もありそう。まだまだ謎があるなあ。

事後処理でもめる黒の騎士団。ディートハルトの主張はもっともだけど、そこで冷徹になりきれないのはルルーシュの欠点であり美点かも。シャーリーに相談持ちかけるルルーシュもルルーシュだし、さりげに自分の恋バナするシャーリーもシャーリー、可愛いじゃないですか。そして、華麗にスルーされる玉城哀れ。彼はこのまま役立たず路線で行ってほしい(笑)

中華連邦を手に入れる目的は、ギアスの能力を研究している響団と呼ばれる組織の掌握。かつての教主がC.C.であり、現教主がV.V.。ジェレミア卿のとV.V.が一緒にいた理由もこれで繋がりましたね。そして、最終調整の後、出撃、だけど次の出番はいつになることやら。

一方、アッシュフォード学園の影武者ルルーシュは、シャーリーに秘密を見られることを避けるためにとんでもないことをををを。この混沌とした人間関係にさらに波を立ててどうする!? もうギアスで記憶はいじれないのに。そんなことも知らずに帰還したルルーシュ、嬉しそうなロロ、あんた、かわいすぎるよ!? そして、学園生活に戻ろうとした矢先、問い詰めモードのシャーリーと、そこに割って入るジノとアーニャ、って、ええええ!? 何、まだ学園編続くんですか!?

この、展開の速さは一体何なんだろう、これ、30分アニメ1話分の感想なんだぜ……?

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN11『想い の 力』

Still quiet here.

Comments are closed.