ラブ★ゆう〈6〉

このページは約 2分26秒で読めます。

stars 君は強くならなければいけないよ。すべての世界のために。そして……果てにたどり着いたとき、泣いてしまわないように。

四季島高校の文化祭がいよいよ始まる。俊たちのクラスは「ホストクラブ&メイドキャバクラ」を催し、豪華賞品とも交換できるポイント稼ぎに精を出す。ああ、しかし、このときの俊には予想できなかったのです。ホスト姿の俊に囁かれる甘い言葉が、普段見ることのできない仕草が、彼に想いを寄せる少女たちをどれだけ夢中にさせてしまうのかを。

またシリアスパートが次巻に続いたー!?

いや、もう、この作品は、ラブコメパートこそ本編。べたべたで、甘甘で、デレデレな女の子たちの姿を見ることができれば悔いはなしっ!

そんな感じで文化祭編スタートです。俊のホスト姿にときめいたロザリーたちが我先にと資金を投入する様は、もう、コメディとはいえやばい領域ではないかと。貢がせ貢ぐ、そんな社会の縮図をここで見せつけなくてもー!!

そして、お嬢・撫子の快進撃再び。もう、完全に故意に、俊とのふたりだけの生活を強引に実現しようとしてみたり、そんなくせ肝心なところで恥ずかしがってみせたり奥手になってみせたりと、なんて分かりやすい御嬢様なんでしょう。相変わらずのSっ気の健在。もう、ストップ入らなかったら行くとこまで行ってるでしょ、アナタたち。こういうシーンがあったりすると、ある意味サービスシーンとはいえ、ロザリーの影が薄くなって哀れに思えてしまうなあ。

シリアスパートでは、無窮の財産享受者の新たな刺客との対戦が、なし崩し的にトーナメントになったり、賞金賞品がふくれあがったりと、何このインフレ具合。賞品に俊の下僕権5年分とか無茶でてますが、これ、主人公チーム優勝できなかったら別の話になりますね(笑) まぁ、遊び心を忘れずに、次巻のバトルもコミカルにやってほしいんですが、微妙にシリアスな気配が漂っているのが心配かなあ。ラブコメモットーに展開するシリーズだから、シリアスに傾倒することはないだろうけど、やっぱりラブコメパートの楽しさをもっと見ていたいと思ってしまうなあ。

hReview by ゆーいち , 2008/07/27

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ラブ★ゆう〈6〉

Still quiet here.

Comments are closed.