WordPress の wp-tegaki プラグインを ImageMagick を使って動くようにしてみる

このページは約 2分16秒で読めます。

ブログのエントリにワンポイントを加えることに重宝している wp-tegaki プラグインですが、これを昨日インストールして遊んでみた ImageMagick と PECL::Imagick を使って動くように書き直してみました。

といっても、実際に変更する必要があった部分は、画像の出力部分である、 wp-tegaki-img.php の後半数行だけで、思ったより簡単に実現できたような印象です。というか、そもそもの Imagick の使い方が難解に思えてしまって、そちらを覚える方に苦労したというか。

まぁ、見た目は

こんな感じで何も変わってないです

けれどね!

でもまあそれじゃあ芸がないので少し機能追加してみます

じゃじゃーん!!

縁取線は2種類まで使えます。!!

まぁ、こんな感じでパラメータの追加で縁取りができるようにしてみたり。

適当に改造したせいか、img の width と height の値が与えられてなかったり*1怪しいところがありますが、割と便利に使えるようになったように思いますよ。

問題は

要求する環境がちょっとシビアなところかなあ。ImageMagick のバージョンは新しいにこしたことがないです。CentOS 5.4 標準のバージョンである 6.2.8 では使いたい関数がサポートされてなく、手動で更新することになりましたからねえ。

ということで、現在このサーバで使用している ImageMagick のバージョンは、6.5.3 なのです。

  1. これは修正できました []
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to WordPress の wp-tegaki プラグインを ImageMagick を使って動くようにしてみる

Still quiet here.

Comments are closed.