CentOS 6.10にインストールした PHPを7.0から7.1にアップデートするテスト

PHP 7.0 をインストールして2年近くが経過

PHPはどんどん進歩して今やPHP 7.3まで正式リリースされているようで。

しかもパフォーマンスもぐんぐん上昇しているとか。

現在使用中のさくらのVPSにインストールしてあるベースのOSがCentOS 6なので、最新環境を追っかけていくのはそれなりに手間がかかるのですが、PHPについてはRemiに各バージョンが公開されているので、テストも兼ねて仮想環境を作ってアップデートのテストをしてみました。

今回は、VMWare Fusion 11上に CentOS 6をインストールして、PHP 7.0を導入した環境を作って実験しました。

PHP 7.0から7.1への更新手順

基本は前回作業した内容に準じる形ですね。

  1. 旧バージョンを削除
  2. 新バージョンをインストール
# yum remove php70*
# yum yum --enablerepo=remi-php71 install php71 php71-php php71-php-cli php71-php-common php71-php-devel php71-php-gd php71-php-mbstring php71-php-mcrypt php71-php-mysql php71-php-pdo php71-php-pear.noarch php71-php-process php71-php-snmp php71-php-xml

ね、簡単でしょ!

PHP 7.1 インストール完了

phpinfoでも7.1に変わっていますね。ちょっと先走って、Apacheも2.4への変更を実験してしまっているため、FPM/FastCGIで動いていますが、それはそれで。

とりあえず実験環境ではアップデートはトラブルもなくあっさりアップデートできたんですが、WordPressの動作でトラブルが出ないかどうかの実験も必要かなあ。

最終的にはApache2.4系統+PHP7.3まで持って行ければ良いんですが。
いっそのことVPSのOSを入れ替えることも検討しても良いかもなあ。

スポンサーリンク