ライトノベル,富士見ファンタジア文庫,読書感想

No Image

いーい? いつまでも、私に甘えてちゃ駄目なんだよ? この偉大な会長の庇護下にいられるのは、あと半年も無いんだからね! 生徒会の権力を使えるのは、この学校でだけなんだからね! 七光にばっかり甘えてないで、皆、自立しようね!

...

ライトノベル,富士見ファンタジア文庫,読書感想

No Image

難しいことはわかりません! でも、アーシアは俺の仲間です! 家族です! 助けたいんです! 俺はもう二度とアーシアを失いたくない!

二学期です。美人の転校生です。体育祭ですっ!
―しかしイッセーこと兵藤一誠は、それど ...

ライトノベル,富士見ファンタジア文庫,読書感想

No Image

ふざけんなッ! 右と左が同じわけねぇだろォォォォォッ! 大切なんだよ! 俺のファーストブザーなんだぞ! 人生かかってんだ! 真面目に答えろォォォォッ!

夏っ! 兵藤一誠、人生で一度しかない高2の夏休みです!
悪友た ...

ライトノベル,富士見ファンタジア文庫,読書感想

No Image

改めて思い知った。俺とこいつはわかり合えない! 俺は部長のおっぱいを倍にすることに夢を感じた! なのにこいつは部長のおっぱいを半分にするという!

やりました!俺、兵藤一誠に二人目の後輩ができました!
魔王サーゼクス ...

ライトノベル,富士見ファンタジア文庫,読書感想

No Image

杉崎……私達、貴方のこと、絶対忘れないから! ……副会長に、敬礼!

「反吐が出る。生徒会がキライだ。碧陽学園が大キライだ」私立碧陽学園生徒会―そこは、美少女メンバー四人が集う楽園だが、その楽園が形成されるまでの道のりは、苦 ...

ライトノベル,富士見ファンタジア文庫,読書感想

No Image

蜜は、たくさん迷っちゃいましたよ。ほんとに全然わからなくて天秤かけまくっちゃいましたよ。誰に恋をしたんだと思いますか? 男の先輩にですか? 女の先輩にですか? どこにも存在しない架空の先輩にってことですか?

雪国と舞姫の入 ...

ライトノベル,富士見ファンタジア文庫,読書感想

No Image

楽しむ時は、楽しむ! 祝う時は、祝う! 誰かの幸せを、記念を、心からお祝いしゅることは、とっても、とっても温かくていいことだと、おみょう!

私立碧陽学園生徒会―そこは、美少女メンバー四人が集う楽園だが、楽園のご主人様(妄想 ...

ライトノベル,富士見ファンタジア文庫,読書感想

Thumbnail of post image 137

ようこそ。穢歌の庭(エデン)に堕ち、そして浮遊大陸(オービエ・クレア)へと昇り帰った者よ。千年、凍てついた楽園がお前を待っていた。

凍てつく大海の遙か上空に浮かぶ浮遊大陸オービエ・クレア。そこは幽玄種と呼ばれる存在に、絶え ...

ライトノベル,富士見ファンタジア文庫,読書感想

No Image

駆真さん、あなた――在紗の全てが好き……そう仰いましたよね。――もし在紗の全てを知っても、本当に好きでいられますか……?

わたし、鷹崎駆真。花も恥じらうおしとやかな十七歳の女子高生。今日はうっかり寝坊しちゃって、食べかけの ...

ライトノベル,富士見ファンタジア文庫,読書感想

No Image

幽霊はいなくても、幽霊を出現させる呪いはある。そんな風に思っているんだよ。

富士見書房でアルバイトをする矢作妹兎子は、編集者として作家・水城正太郎の担当をすることになった。小説のネタとして怪談を蒐集していた正太郎とともに、 ...