ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

だから、死ぬまで生きていこう。死にたい死にたいって思いながら、生きていこう。

優樹が失われた世界。その世界で、太一朗と未知は渋谷の六課を目指し道を行く。決して分かりあうことのできない思い、許すことのできない罪、そして埋める ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

ありがとう、いってきます。

兇人・太一朗が二重雑種・優樹と対峙する。これが、太一朗にとって、そして優樹にとっての最後の戦い。かつての友人同士、人間だった者と人間でもアヤカシでもない者、今や互いを互いと認識できない者同士の最 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

さて、前に進もう。僕は僕の為したいことをしに行こう。

安藤を手にかけ、喰らおうとした寸前、虎司は太一朗の襲撃を受け、そのまま戦いへと発展する。あと一体、童子斬りでアヤカシを殺せば太一朗も死ぬ。しかし、太一朗は童子斬りの力を ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

何だ、結局喰うこと考えてるじゃねえか、俺は。

兇人と成り果てた太一朗の手により、八牧は殺された。その事実を知った元捜査六課の面々は、それぞれの方法で太一朗への復讐を誓う。そんな中、虎司は飢餓を覚える。人間が喰いたい、その衝 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

山の神に敬意を。そして、俺の敵の目覚めに歓喜を。

元捜査六課のアヤカシ・八牧は、仲間を傷つけ害そうとする存在を排除するために行動することを決めた。あらゆる手段を用い、自身が死ぬことすら想定し。一方、童子斬りをその身に宿し、 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

……あのアヤカシは……自分を殺そうとして、隊長を殺そうとしました……だから……だから……自分が殺します……。

EATとの演習に米軍も参加することになり、捜査六課のかつての面々がアヤカシ役として協力することになった。懐かしい ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

僕はね、優樹。君に色々と考えてほしいと思う。君は、君自身と君の友人たちをもう少し知るべきだ。

京都で怪が殺害される事件が起きた。優樹は浦木の依頼により、その事件の犯人を見つけるために、かつての同僚・帆村夏純と共に京都へ赴く ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

君は、君の生き方をいけばいい。たとえ。たとえ、それが君たちの決別の始まりだとしても。

捜査六課への出向の終わりを間近に控えたある日、太一朗は優樹へ自分の大切な気持ちを伝えるために、彼女を公園へと連れ出す。しかし、ふたりにと ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

……平和でいいなあ……ずっとこのまんま時間が過ぎればいいのに……。

中国から一見親子連れに見えるふたりが日本を訪れた。玄亮、趙蒼と名乗るふたりは、大戦期に作られた人型兵器・哪吒(なた)零番の実験を目的としていた。訪日を機に ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

自分のピンチに、どこからともなく誰かが現れて助けてくれる。……そんな都合のいいこと、あるわけないって思ってた。

あの事件から2週間。優樹と太一朗の生活は束の間の平穏を取り戻していた。とある日の夜、居酒屋でくだを巻いた太一朗 ...