ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

手の届かない月なんかより大事なものは、ちゃんとここに在る

純血種のみの世界へ回帰する。バベルの中でキャロル=ユルングスが目論む計画は最終段階を迎えている。ルナとシオン、そしてロイド。バベルを目指し集うひとびと。稀存種同士の ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

大丈夫。私はあなたを……絶対に、拒絶しないから

フルブルーとの交戦の機会が増えている。ケモノを相手にするよりも何よりも、同じ人間を殺すという行為が、ルナたちの精神を削っていく。ロイドの策略によりエデンと分断され拉致されるル ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

──約束は、守れてる?

商品として変異種を売りさばく夫婦からの依頼で、エデンは乙種特別出動によるウェポンの派遣を決定し、そこにはシオンの姿もあった。一方、ルナはフィオナとともにとある調査に外界へ赴く。自らの力を扱いあぐねる ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

私の命は私のもの。その責任を、あなたに背負わせてやるもんですか

エデンにて、ウェポンとしての生活を始めたルナ。彼は稀存種としての力を十全に発揮できず、周囲の足を引っ張る自分に苛立ちと諦めを感じ始めていた。そして、先の戦いで ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

少年は広大な空の下、月を臨む

世界が『混乱』に包まれ数世紀。世界は激変し、人類は衰退の一途を辿っている。身体に異形を抱えた『変異種』は、遙か見上げる鉄の塔・バベルに住まう『純血種』たちの世界の足下でスラムを築き生きている。 ...