ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

こんな嘘なんか吐けないし、そもそも嘘を吐く意味がないよ。あ、いや、誰かと比べてとか、見た目だけなのかとか、そういう話じゃなくてね? イタチさんはさ――何て言うのかな――そう。全部いいんだよ。

多々羅木兄妹の騒動も一段落し、 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

謝ることじゃないよ。むしろ、そんなイタチさんだから、僕は好きなんだ。

校内に出没する妖怪を退治する日々を送る僕たち美術部。三学期が始まり、しばらく経ったある日、僕らの妖怪退治を邪魔する謎の兄妹が現れた。危険な妖怪を野放しに ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

頑張るよ、僕は。僕にとって、イタチさんがいてくれるのは、ほんとに嬉しいことだから。

美術部幽霊部員の穂村の依頼で、雪深い温泉宿の怪異退治に出かけることになった真一たち。冬休みの小旅行に浮かれる真一たちを待ち受ける妖怪の恐怖 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

ぼくは決めたんだよ。学校に湧く妖怪は、もう一匹たりとても見逃がさないって。

イタチさんを一員として迎え、学校の不思議現象への対処は美術部の役割になっています。今日も今日とて持ち込まれる相談事を、まじめなイタチさんと一緒にな ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

白塚真一くん、あなたの、血をね、吸ってもいいかな?

夜の学校で少女に出会った。自分の名を呼び、血を吸いたいという、この世の物とは思えない美しさと可愛らしさを持った少女。妖怪博士な先輩・経島の言を思い出し、彼女の正体をイタチ ...