ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

ねぇ、もしわたしが一緒にここに残りましょうと言ったら、あなたはどうする?

付喪堂骨董店のオーナー・都和子が新たなアンティークを仕入れてきた。『災厄の壺』と呼ばれるそれには、世界のありとあらゆる悪意が封じられているらしい。決 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

人は矛盾を抱える者。でもあなたのそれは人より少し強いみたいね。それはあなたの望みを叶えるもの。けれどあなたの望みを叶えないものでもあるわ。

不思議な力が宿ったアンティーク。それは使う者によってその身を助けも、破滅もさせる道 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

世にも奇妙で不思議な物語第3幕 でも真の見所は咲の恋する乙女っぷり!

不思議な道具『アンティーク』が集う店・付喪堂骨董店。今日も客足はさっぱりだけれど、不思議な事件は望むと望まざるに関わらず起きてしまいます。
付か ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

世にも奇妙な骨董品を巡るお話 シリアス風味増量中

今回も不思議な効果を持った骨董品・アンティークを巡る4編のお話を収録。前巻に引き続いて、主人公・刻也の視点から事件を見つめる3編と、咲の視点からちょっとコミカルに物語を見つ ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

読了。

世にも奇妙な物語やアウターゾーンを彷彿とさせるストーリーの4編の短編集。短いながらも起承転結がしっかりしている良作です。

どのストーリーも、『アンティーク』と呼ばれる奇妙な超常の力を持った道具と、それに ...