ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

ようこそ、私立碧陽学園生徒会室へ! 美少女役員四人+おまけ一人、生徒諸君のため、青春を謳歌しております!!
未だ生徒会室に来ない美少女新役員二人の説得に奔走する我らが主人公、杉崎鍵を襲うかつてない危機。
攻略不可能キャ ...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

私立碧陽学園生徒会――そこは、美少女メンバー四人が集う楽園だが……え?「生徒会の一存って終わったんじゃないの?」って。HAHAHA、YOUは面白いことを言うね。日本には「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがあるのを知っているかな?

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

「私達は今、とても大切な時期にあります」
私立碧陽学園生徒会――そこは、美少女メンバー四人が集う楽園だが、変革を求められる時期が訪れていた。シリーズも終盤へ突入した今だから、出来ることがきっとあるはずだ。さあ「生徒会の一存」の ...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

生徒会の一存、アフターストーリーついに開幕。なじみの面々が抜け、ただひとり生徒会に残された杉崎鍵。けれど、新生徒会の始動にはどうやらさまざまな難関が待ち構えているようで……? 個性的でクセの強そうな新メンバーを相手に、孤軍奮闘する杉崎 ...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

うん……これは、正直私達全員の、共通した……完全な『私物』だけど……。だけど、遺していこう! これは、この学園の生徒会室に、あってほしいもん!

ようこそ、私立碧陽学園生徒会室へ! 美少女役員四人+おまけ一人、生徒諸君のため ...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

そう、お前は特別だぜ。なんせ……ぐったりと本気で落ち込んだ人間に対して、なんの良心の呵責もなく素直に『殴りたい』と思えるのは、お前が相手の時だけだからな

ようこそ、私立碧陽学園生徒会室へ! 美少女役員四人+おまけ一人、生徒 ...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

幸せになりたいなら、努力する。幸せは、自分の手で掴む。私も、そう、信じている。

ようこそ、私立碧陽学園生徒会室へ! 美少女役員四人+おまけ一人、生徒諸君のため、今日も何かと戦っております!!
今、すべてに決着をつけ ...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

いーい? いつまでも、私に甘えてちゃ駄目なんだよ? この偉大な会長の庇護下にいられるのは、あと半年も無いんだからね! 生徒会の権力を使えるのは、この学校でだけなんだからね! 七光にばっかり甘えてないで、皆、自立しようね!

...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

杉崎……私達、貴方のこと、絶対忘れないから! ……副会長に、敬礼!

「反吐が出る。生徒会がキライだ。碧陽学園が大キライだ」私立碧陽学園生徒会―そこは、美少女メンバー四人が集う楽園だが、その楽園が形成されるまでの道のりは、苦 ...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

楽しむ時は、楽しむ! 祝う時は、祝う! 誰かの幸せを、記念を、心からお祝いしゅることは、とっても、とっても温かくていいことだと、おみょう!

私立碧陽学園生徒会―そこは、美少女メンバー四人が集う楽園だが、楽園のご主人様(妄想 ...