ライトノベル,読書感想,電撃文庫

それは、なくなったりしない。ただ、人は道に迷うだけなのだ。そう信じたい。だから僕らは盃をぶつけ合い、のろしをあげる。戦いのはじまりを告げるためのものではなく――ただ、彼方のあの人に、この場所を見つけてもらうために。

四代目 ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

他人の心配しかしないんだよ。自分の心配ができるやつなら、あんなゴミ溜めに居着いたりはしない。

彩夏が戻ってきた。それは奇蹟にも思えるけれど、やはり神様は、世界はそんなに優しくはない。失われたしまった記憶。他人行儀に敬語で話 ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

見えない奇跡 見える奇跡 それぞれの形

前巻の決して優しくない結末を経てもなお、アリスの助手を続ける決意を固めた鳴海。今回 NEET 探偵事務所に転がり込んだ外国人の少女・メオが抱えてきたバッグの中には2億円の大金が入って ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

読了。

火目の巫女の続きは出ないんでしょうか? な杉井光の新シリーズ(?) ニートが探偵という、取り合わせの奇抜さにインパクトを受けていたら、その内容は存外にしっかりしていて、現代の病み具合を絶妙に写していたりして良い出来 ...