ライトノベル,読書感想,電撃文庫

NO IMAGE

はい、アルテミシア様。仰せのままに。ならば僕は生涯を、あなたの横で過ごしましょう。

現世のひとつ下の階層に位置する異世界【煉獄(れんごく)】。そこに満ちる大気は有害であり、一方で人の意志に干渉して森羅万象へと変化する性質を ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

Thumbnail of post image 023

なら聞こう! もしその銃の弾丸が、現実世界のプレーヤーをも本当に殺すとしたら……。そして、殺さなければ自分が、あるいは誰か大切な人が殺されるとしたら。その状況で、それでも君は引き金を引けるか!?

《SAO》事件から一年が経 ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

Thumbnail of post image 104

言ってやろう……貴様のやり方は間違っておる。それだけはわかる。貴様は卑怯で卑劣だ。恋というのはきっと、想いを、ただ純粋で尊い想いを真摯にぶつけて、敗北の傷も覚悟して、それでも真正面からぶつかっていく――自分の全存在を賭けた戦いのような ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

NO IMAGE

世界を守って死にました。他人を庇って倒れました。そんなんで納得すると思ってんのかよ!! そんな訳ねえだろ!! アンタが掲げる『戦う理由』ってのは、アンタを待つ人達の泣き顔を見て笑みを作るようなくだらねえモンなのかよ!!

一 ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

NO IMAGE

この子がいるから。僕の“幸運の女神(ラッキーチャンス)”。だから、僕は街を出たんです。この子と同じ夢を見るために。同じ、高い高い目標に辿り着くために。

二之宮良子のもとを離れ、霊能力者の名家・天草沙代の家へと向かう雅人とキ ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

NO IMAGE

そうとも、僕たちの物語は、突拍子もないぐらいでちょうどいい。

「すげー美少女とラブコメしたいっ!」
きっかけは、そんなバカな願望だった。僕はノートに、他人には決して見せられないようなマジ妄想物語を書きつづっていた。 ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

NO IMAGE

たぶん、空太は知っておいた方がいいと思います。今、そう思いました。ましろは圧倒的なんです。それはもう消えてほしいくらいに……です。

2学期初日。学園の変人たちの集まり『さくら荘』に、謎の金髪美少女が現れた。彼女の正体はイギ ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

NO IMAGE

もう、戻れない。戻りたくない。見ているだけの僕になんて。

春の陽気に誘われてフラフラ街を歩いていたら、いきなり拉致されてしまった僕。えっ? なに? いやいやちょっとナニスルンデスカ!? ……ふと我に返ると、なぜかラジオの収 ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

NO IMAGE

……私、真一としかああいうことしたくない。真一だから、体験取材もできるの。

氷坂月は家族同然に育った俺の幼馴染み。家の事情で離れ離れだったが、この春から一緒に暮らすことになった。
でも久しぶりに会った彼女の様子がお ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

NO IMAGE

ねぇ、蒼衣ちゃん。わたしを、わすれてない? ちゃんと今も、わたしの紐に縛られてる?

大きな黒い霊柩車のような不審な車。かつてこの車を見た翌日、隣の家族は忽然と姿を消した。その同じ黒い車が、密かに想いを抱く浅井安奈の家の前に ...