ライトノベル,読書感想,電撃文庫

たぶん、空太は知っておいた方がいいと思います。今、そう思いました。ましろは圧倒的なんです。それはもう消えてほしいくらいに……です。

2学期初日。学園の変人たちの集まり『さくら荘』に、謎の金髪美少女が現れた。彼女の正体はイギ ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

俺、思うんだよ。そりゃ、どんなこともひとりでぱっぱと片付けられたら、かっこいいし、そういうのが大人になるひとつの方法なのかもしれないけどさ、得意とか苦手とかあるし、ヒマだったり、忙しかったりは人それぞれ違うんだから、そういうのを認めて ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

大丈夫。だって、そうだろ? こうやって、一緒にいられることがうれしいって思える気持ちは、作り物なんかじゃないんだから。

ひなたやゆうひとともに『銀の箱舟』に身を寄せる宗太。そこで宗太は、7人目のかぐや姫アリサに出会う。そし ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

ねえ、あなたは何色になりたい?

俺の住む寮『さくら荘』は、学園の変人たちの集まり。そんな寮に転校早々入ってきた椎名ましろは、可愛くて清楚で、しかも世界的に有名な天才画家だという。天才美少女を寮の変人たちから守らねば!と意気 ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

だから、ゆうひもがんばってください。みんなを許してあげてください。好きになってあげてください。誰かにやさしくされたいのなら、誰かにやさしくしてあげないとだめなんです。世界に愛されたいのなら、まずは自分が世界を愛してあげるんですよ。そう ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

可能性を信じて抗うか、現実を受け入れて諦めるか。それは君次第だ。

晴れて恋人同士となった宗太とひなた。お互いに初めての“お付き合い”に嬉しくもあり戸惑いもあり。どうして良いか分からず、少しだけぎくしゃくするふたりの間の空気 ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

わたしはこう思うんです。きっと世界にやさしくなれた分だけ、世界もわたしにやさしくしてくれるんだって。

「宗太さんのこと、好きになっちゃったみたいです!」そう告白したひなたに対し、宗太はその場で答えを返すことができなかった。 ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

立花ひなたはいつもお前を見てた。ちゃんとお前を見ていた。なのに、お前は何をやってたんだ。

「近々、何か大きな事件が起きるね」生徒会長も務める先輩の京にそう言われた帰り、宗太は自分の住むマンションの前でシーツに身をくるんだ少 ...