殺×愛〈2〉―きるらぶTWO

このページは約 1分36秒で読めます。

殺×愛2―きるらぶTWO読了。

いやー、面白かった。前巻までの微妙にシリアスぶった展開よりも、こうやってラブコメ路線に突っ走ってくれた方がノリが良いですね。なんともキャラが変わったかのようなツンデレっぷり&恋愛不器用スキル発動のサクヤ嬢にくらくら。唐突に頭角を現してきた天高原A女史の暴走っぷりが、このコメディ化に拍車をかけているのは疑いがないですが、まさにグッジョブです。

嬉し恥ずかしな交換日記で綴られる感情の変化や、日記のページを模した各章の扉絵のイラストもなかなかよろしいですね。

本編での最大の見所であるデート~ビルの屋上でのシーンは、ここぞとばかりに挿絵が効果的に使われて、いや、こういう演出ができるのはラノベならではだなぁと。

とりあえず、さくさくとサクヤに斬られまくる密の立場が、ドクロちゃんにおける桜くんの立場にダブって見えてしまったのが、微妙にギャグっぽく感じる理由なのではないかなとか思ってみたり。ま、そんなギャグっぽい部分を差し引いても、恋愛要素が前面に出た今巻の展開は、非常に私好みで楽しめたのは間違いないですな。終盤のとある人物に絡んだ悲劇的な展開も、いきなりながら、少しずつサクヤに傾いてきた密の気持ちを、リセットするような意味合いと考えると、なるほど、絶妙なタイミングだなと、いろいろ裏を読みたくなってしまいますね。

閑話休題的なエピソードが中心ながらも、次巻への期待が高まる引きを含めて、これまでのシリーズの中では一番好きなお話でしたねー。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 殺×愛〈2〉―きるらぶTWO

Still quiet here.

Comments are closed.