サンダーガール!〈2〉牙の鳥

このページは約 1分26秒で読めます。

サンダーガール!〈2〉牙の鳥読了。

微妙に百合分を配合しつつも、シリアス路線へ爆走を始めそうな予感。あとがきで書いてるように、このまま奈落の底へと落ちていくのやら?

主人公であるメイに欠けていたのは、覚悟と自覚だったわけで。その力の使い方は正負両方の側面があるのに、前回の事件で他人を傷つけることしかできなかった恐怖から、思い至らず悩み続けてきたのですね。今回の事件でも、一線で戦うというよりも、他人の痛みを癒す方向で役立ったりと、少しずつ心境の変化が見えてきたりもしますね。相棒のタケミカヅチとのパートナーシップも、少しずつではありますが育ち始めてるようですし。

敵方として描かれたハシバネの面々も、それぞれが個性的で、白檀の間違った方向へ突き抜けてしまいながらも、決して折れなかった強さも、彼を諫めようとひたすら尽くし続けた黒曜の献身と報われなさも、もしかするとアマツカササイドの面々よりも、深く描かれていたようにも思えます。

束縛され、人間の下で「飼われ」てると認識した白檀の下した決断が、アマツカサに敵対する組織にとって都合の良い手駒に成り下がってしまったという裏を知ってしまうと、黒曜の元を去った白檀の行く末が気になったりもするのでs。

ラストはラストで、明るめに終わってるけど、やはりこの先は、だんだん暗くなっていきそうだなぁ……。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to サンダーガール!〈2〉牙の鳥

Still quiet here.

Comments are closed.