S式コミュニケーション(3) 君からぼくが消えるとき

このページは約 1分21秒で読めます。

S式コミュニケーション(3) 君からぼくが消えるとき

読了。

一応一区切りが付いて、ある程度きれいに終わってますね。少年漫画の打ち切りのパターンの一つとも思える日常回帰エンドですが、まぁ、これはこれで感慨深いものもあったかと。今までなおざりにされていた月子と惣一の関係とかもそれなりに進展? なんか、所々で書かれるお色気なシーンが生々しくてとても中学生には見えないとかそんなのは置いておいて(^^;

で、結局なんだったのって話になりますが、なんだったんだろう? どうにも伏線が回収し切れてないのか、消化不良な謎が残りまくってやや不満です。一応今後も続くらしいのですが、また同じことの繰り返しになりそうな気もするし、ここで終わっておいた方がよかったんじゃないかなぁ、と。

サラと惣一の会話がほとんどなせいで、ただ戦うための存在に成り下がってしまったサラの悲劇性の演出も弱い感じで、話の繋がりが飛び飛びなのと相まって最後が駆け足過ぎる印象です。

そして、何よりも誤字脱字がヒドいが何よりも残念。文脈が取れなくなるレベルの脱字は、校正の段階で気付いて欲しいなぁ。興醒め。1巻でも状況描写がめちゃくちゃな部分があったりしたし、どうにもこのシリーズ、定期刊行を優先しすぎてクォリティが犠牲になった感が強すぎです。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to S式コミュニケーション(3) 君からぼくが消えるとき

Still quiet here.

Comments are closed.