機動戦士ガンダム00 2nd Season #11『ダブルオーの声』

このページは約 2分18秒で読めます。

メメントモリの光に巻き込まれたセルゲイ大佐は辛うじて難を逃れたっぽい。けれど、その破壊力は甚大でスイールの都市部は壊滅。その力を擁するイノベイターに立ち向かうだけの戦力が、対抗勢力にあるのかどうか。大規模兵器の懐に入って破壊するって流れだろうけど、ソレスタルビーイングと比べて、MS戦力も現時点ではアロウズ側に分がありそうなんですが……。

ラグランジュ3。ダブルオーライザーのテストは予想以上のスペックをたたき出す。アレルヤとマリー、ティエリアはそれぞれ異常を感じ、かつての決戦で生き残ったラッセはその身体に爆弾を抱えてるみたい。ティエリアはイノベイターの存在を明かす決意をして、その事実は小さくない波紋をメンバーに与えます。自分もイノベイターであることを告げるタイミングをスメラギさんのナイス判断でうやむやにされつつも、ティエリアは彼らとともに戦うことを決意したのかな。

あああ、ネーナは腹に暗いものを抱えてるなあ。王留美を裏切ろうとして、返り討ちなパターンが予想されるけれど。

そして思いっきりスパイフラグ立てまくりの彼女・アニュー・リターナー。プトレマイオスに同乗するって、もう姿をくらますことできないのと同じじゃないのか。ロックオンが粉をかけてるけど、こいつは誰でも良いのかよ!?

新型2機も加わった包囲網に危機的状況に陥るプトレマイオス。調整を続けるオーライザーの格納庫をガデッサの砲撃が直撃。イアンは瀕死ながらも、オーライザーの調整は完了。同乗するのは、沙慈って、素人が戦場に出るのをなんでみんな許すかなあ。

って、むしろハロがコントロールしてるじゃないか。

ようやく真価を発揮するダブルオーライザー。これが戦局を覆す切り札となるのか? って、トランザム発動したらいきなり不思議空間に巻き込まれてますよ。戦場にいる人間たちの意思を感じ取る刹那と沙慈。その中にルイスの声を聞いた沙慈と、沙慈の声を聞くルイス。ついにまみえてしまったふたりは、戦場で敵同士という最悪のシチューションでの再会。かつて交わした約束を果たすときがついに来た? 次回予告がまた不安を煽るなあ。

[ad#gundam00]

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 機動戦士ガンダム00 2nd Season #11『ダブルオーの声』

Still quiet here.

Comments are closed.