ライトノベル, 読書感想, オーバーラップ文庫

対IS用IS『ゴーレムIII』による襲撃事件後に一夏へ告白した簪。箒たち女子は告白に対する一夏の反応が気になって仕方がない。
一方、事件のダメージがまだ癒えぬIS学園では、それぞれの専用機がメンテナンスを余儀なくされ、一夏は『 ...

ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

ガユスとギギナをはじめとするエリダナの攻性咒式士たちは、生き残りを賭け、最後の勝負に出る。使徒殺しのアンヘリオと、彼からペトレリカを奪取した拳豪カジフチ、最強を争う両者は再度激突。パンハイマの身体を乗っ取った血刀ブラージェモに、好機を ...

ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

突如現れた“見えない壁”により、“人喰いの化け物”が徘徊する学校に取り残されてしまった斗和たち。生徒たちが次々と捕食され、無惨な死を遂げていくなか、ついには斗和自身も化け物に捕獲されてしまう。だが、そのとき新たな変化が巻き起こる――! ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

願いが叶うチケットがあるという。それは学校伝統のチケットで、使用者の願いを叶えるのだ。そのチケットを手にすることができるのは男子に限られ、そして願いを叶えるのは同級生の女の子だという。その名は――おっぱいチケット。……伝説は本当に存在 ...

ライトノベル, 読書感想, HJ文庫

「これが僕の真の力、なのか」
秘められた力を使い、美少女たちと共に悪を滅ぼす少年・田尾君が直面した、とてつもなく凄惨な事態とは?
問題作「ぶひぶひ♥だらだら」をはじめ、彼と秘密を持つ彼女の心温まる愛の物語「人でなしと恋 ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

王と、獣と、機械機構と、神とも呼ばれた“それ”――。過去、初代ハウスマンが実験台と呼び、いま、帝政列集国が魔王と呼ぶ、大陸の心臓“ヴァルバニル”が、遂に火山の頂に威容を表す。高濃度の霊体を吐く一撃で新たな“爪痕 ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

都市を捨て、炎を上げて流れる溶岩の河向こう、ブレア火山の麓で迎撃の陣を組んだセシリーたち騎士団。しかしすでに都市を蹂躙せんと侵攻した帝政列集国はシーグフリードの振るう魔剣エヴァドニの力で溶岩を越え、進撃を止めることがない。そして遂に、 ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

騎士団のみならず都市にまだ残っていた市民たちからも結婚を祝福されるセシリーとルーク。
一方、帝政列集国は移住を始めた都市市民たちを見逃し、非を負わずに総力を注げる“都市が兵士のみとなる”時を待っていた――。

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

全市民の耳目を集めることとなったセシリーのプロポーズから数日、市民の移住計画と平行して騎士団による封印の再強化計画もまた開始されていた。ブレア火山の洞窟奥深くに広がる“氷の間”に幾本もの聖剣のレプリカが突き立てられる。その光景は、まる ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

凪沙が倒れたと知らされて、急ぎ病院へと向かった古城。そんな古城たちの前に現れたのは、先代の第四真祖アヴローラと同じ姿を持つ謎の少女だった。
真祖の眷獣を自在に操り、古城と雪菜を追い詰めていく少女。はたして彼女は本物の第四真祖な ...