ライトノベル,読書感想,電撃文庫

この身体に誓え。いずれこれは、お前のものになる。妾の心と一緒に、吉乃の心と一緒に……爪の先から髪のひと筋まで、すべてお前のものになる。だから……誓え。妾と吉乃を侍らすに相応しい男となると。罪を背負ってなお、それに負けないような男になる ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

ねえ、霧沢くん。女の子が男の子を好きになるのに、理由なんてないのよ。

宝刀つうれんを奪われ、自らの記憶さえもが枯葉を揺さぶる。そんな枯葉を、かつて幼い頃出逢った初恋の少女に重ね、励まそうと奮闘する景介。一方、自身の正体を誰 ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

大丈夫です、きっと。枯葉が折れてしまうようなことがあっても、俺と灰原がきっと立ち直らせてみせる。

白州高校の理事でもある分家・ひじりの当主、砂姫からもたらされた情報により、枯葉たちは守勢から攻勢へと転じる決断を下す。調査の ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

あなたはなにも知らない。鈴鹿のことを。一族に潜む闇を。そして、あの夜のことさえも。

学校帰りの夕方、景介はひとりの少女と出会う。景介のよく知る詩を口ずさむ見知らぬ少女。姉・雅が昔よく諳んじていたその詩を知る少女・檻江は、繁 ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

こわいですか? わたしのことが? それとも、このからだが? あるいは、このきずをつけたものが?

枯葉との出会いから一週間が過ぎた。枯葉に再び迷い家へと招待された景介は、そこで新たな一族の少女・型羽を紹介される。人間に対し、 ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

もう戻れないよ。私は走るしかないの。このままどこまでも走って、磨り減って消えちゃうしかないんだ。

幼い頃の姉の失踪で心に傷を負った霧沢景介は、クラスメイトの灰原吉乃も同様に友人を失い、心を閉ざしてしまっていることを気にかけ ...