ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

モテ力を困っている女の子自身のため以外に使いたくないのは、今でも変わってない。けど、舞衣ちゃんが泣いたんだ。それを放っておけるわけないだろ? 女の子を、舞衣ちゃんを泣かせておいて、黙っていたらなんのためのモテ王なんだよ。

...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

とりあえず、この儀式は終わったわけですが、リョウ君……続き、しますか?

学期末テストが終わり、六花の補修も無事に乗り切り、ようやくみんなで始まった良太郎たちの夏合宿イン孤島。そこで巻き起こるトラブルは孤島につきものの殺人事 ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

リョウは、わたしのこと義妹としか思ってないんでしょ? でもね、妹だけど、わたし達、義理なのよ? 血は繋がってないの。だから……義妹だけど、好きになってもイイよね?

テスト休みを利用した小旅行に浮かれる良太郎たち。けれど、六 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

こんな嘘なんか吐けないし、そもそも嘘を吐く意味がないよ。あ、いや、誰かと比べてとか、見た目だけなのかとか、そういう話じゃなくてね? イタチさんはさ――何て言うのかな――そう。全部いいんだよ。

多々羅木兄妹の騒動も一段落し、 ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

……お兄ちゃんが、リッカとの約束を忘れてても、リッカはちゃんと覚えているよ。

道ばたでネコを助けてみせたことから、仲良くなってしまった良太郎と恵美。意気投合しメアドや電話番号を交換したふたりが、次に再会したのは良太郎の自宅 ...

ライトノベル, 読書感想, ファミ通文庫

世界の命運を決める決戦の場なんてね、主人公グループ数名と、ラスボスとさらに上の敵、あわせて六人か七人しかいないんですよ!

勘違いの果てに迎えた人生最大のピンチは序章でしかなかった! 火琉奈が求める本物のタクミでないことが彼 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

謝ることじゃないよ。むしろ、そんなイタチさんだから、僕は好きなんだ。

校内に出没する妖怪を退治する日々を送る僕たち美術部。三学期が始まり、しばらく経ったある日、僕らの妖怪退治を邪魔する謎の兄妹が現れた。危険な妖怪を野放しに ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

社会の闇を照らす、一条の光! 『世の中に不思議なことはないのだよ』と颯爽と現れ、じっちゃんはいつも一つ! 超探偵、和登詩之舞、華麗に参上!

モテ王国建国を目指す良太郎。異性のメアドを登録するとその子にモテるというモテ携帯を ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

この村田良太郎……モテモテになるためなら、一切の躊躇も遠慮もない!

非モテながら、女の子だらけのハーレム=モテ王国の建国を目指し、日夜勧誘に励む良太郎。その勧誘をことごとく袖にされる毎日を送る良太郎の元に、義父から送られて ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

頑張るよ、僕は。僕にとって、イタチさんがいてくれるのは、ほんとに嬉しいことだから。

美術部幽霊部員の穂村の依頼で、雪深い温泉宿の怪異退治に出かけることになった真一たち。冬休みの小旅行に浮かれる真一たちを待ち受ける妖怪の恐怖 ...