SS, Kanon

『夢を見ていた』

『とても仲のいい姉妹の夢』

『姉は、誰よりも妹のことを可愛がっていた』

『妹は、そんな姉が大好きだった』

『一緒の制服に身を包んで……』

『同じ学校に通って ...

SS, 寄稿作品

TKSさんより寄稿いただいた、Kanon SSです。

冬空の下、あなたと……

「なぁ……栞……真冬にアイスクリーム食べて、寒くないか?」

 

 

 

祐一さん、あなたはそう聞く ...

SS, Kanon

『星夜の夜想曲』

夜、ふと目を覚ましました。
夜明けにはまだ時間のある薄暗い闇の降りた部屋。
カーテン越しに見える微かな明るみは、雪の白さ? 街灯の灯火?
うっすらと室内に差し込む光は、月の煌めき? ...

SS, Kanon

ごく普通の日常がそこにあるはず……だった。

「祐一さ~ん」

教室に響く、澄んだ声。

オレに浴びせられる好奇と羨望、そして妙に殺気立った視線の雨あられ……。

「早いわね」

「早 ...

SS, Kanon

 雪が綺麗ですね。

 こんな落ち着いた気分で雪を見上げるなんて、すごく久しぶりです。

 これも、あなたのおかげですね……。

 祐一さん。

-Short Short Happiness-

SS, Kanon

『夢』

『夢が終わる日』

『雪が、春の日溜まりの中で溶けてなくなるように……』

『面影が、人の成長と共に影を潜めるように……』

『今……』

『永 ...

SS, Kanon

「――あ、雪……」

 ふと見た灰色の空から緩やかに舞い降りてくる白。

 黒板を叩く先生のチョークの音だけが冬の厳しさとは程遠い穏やかな教室に響いていた。

 何年経っても変わらない冬の訪れを、今年も同 ...