開かれた密室―Being As Unfixed

このページは約 58秒で読めます。

開かれた密室―Being As Unfixed読了。

う、やはり1巻から読むべきだったか。キャラの立ち位置とか、話の流れは変わってないだろうし、作品独自の”情報学”という概念さえ理解できていれば、そんなに事前知識の不足は感じないけれども、何気に今回は伏線の回収が入ってましたしねー。

サイバー・ミステリーと銘打って、推理ものっぽい流れで展開してるけど、最後の謎解きが予想の斜め上というか、これで良いのか的なものだったのは正直どうしようかと。雰囲気は全然違うけど、「さよならトロイメライ」がだんだんとミステリーから路線を外れていったのと似た印象を受けました。世界を楽しめと。こっちは萌え要素が皆無に近いのでアレですが。やはり語り部視点の人物が他人との過度の接触を嫌ってるという時点で、恋愛とか友情とか、そんなのからは縁遠くなってしまうのでしょう。

ともあれ、いろいろ気になることもあるので、1・2巻も買ってこよう。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 開かれた密室―Being As Unfixed

Still quiet here.

Comments are closed.