吸血鬼のおしごと 〈6〉The Style of Association

このページは約 44秒で読めます。

吸血鬼のおしごと 〈6〉The Style of Association読了。

攫われたレレナを奪還すべく『組織』本拠地へ乗り込んだ亮史の戦い、というか一方的な殲滅戦。

その前段の舞の健闘や、囚われたレレナと『組織』側の良心・白宮との交流など、多少息抜きとなる描写もありましたが、他はひたすら重苦しくて疲れます。

喪われてしまった舞の、最期の言葉が、その真意が亮史に届くことが終に叶わなかったのは、結局は人と化け物の在りようが違いすぎるからなのか、人としていきながらも感情に波を立てず、生き続けてきた亮史への痛烈な当て付けなのか。

結局、初めて流した涙の意味も解することなく、本来の姿に戻るしかできなかった彼自身も、また哀れであります。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 吸血鬼のおしごと 〈6〉The Style of Association

Still quiet here.

Comments are closed.