ボクのセカイをまもるヒト〈2〉

このページは約 58秒で読めます。

ボクのセカイをまもるヒト〈2〉読了。

前回の話を忘れてましたが、読んでるうちに思い出しました。

あぁ、やっぱり、そこはかとない悪意が感じられるなぁ。ライトな語り口調の割に、セカイの裏に潜んでいる黒い意志を感じずにはいられません。地の文からして、主人公視点であったり、作者視点で物語にツッコミを入れてみたりと、メタ的な展開ばりばりで、敵方として登場してくる《魔術師》は、それさえも知っているかのような超然とした立ち位置で、けれど、どのキャラも自覚的・無自覚的にその系に踊らされている感じ。そういった作品というならそれまでですが。

キャラ的な魅力云々より、谷川流の作風を楽しむ作品といった感じがして、どうにも『ハルヒ』とか『学校を出よう』とかの長期シリーズに比べると深みが足りないような気がするのです。その分毒が強いですが。あ、あとエロ分多めでした。陵辱シーンが拝めるとは思わなんだ(笑)

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ボクのセカイをまもるヒト〈2〉

Still quiet here.

Comments are closed.