零崎軋識の人間ノック

このページは約 55秒で読めます。

零崎軋識の人間ノック

読了。

戯言シリーズ本編の5年前を舞台にした新キャラ旧キャラ入り交じったオールスター的なストーリー。本編では割とあっさり退場済みな子荻とかも、設定されていた策士っぷりを存分に発揮したり、前巻の主人公だった双識は、変態っぷりに磨きがかかっていたり。

逆に、今回の主人公であるはずの軋識の活躍がイマイチだったような。二足のわらじを履いていたり、いろいろ裏のありそうな人物なのに、他の濃ゆい面子に圧倒されっぱなしというか負けっ放しというか。だからこそ、彼の物語が長く続いたという側面もあるのかもしれませんが。

人識と出夢の関係とかも余談的ながらも楽しいし、あんなキャラやこんなキャラも登場してきたりと豪華豪華。そういった部分で見れば、まさに戯言シリーズの外伝であり、ファンサービス旺盛な一冊に仕上がってるといえるでしょうね。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 零崎軋識の人間ノック

Still quiet here.

Comments are closed.