幻想譚グリモアリスII 千の獣が吼ゆるとも

このページは約 2分40秒で読めます。

stars 私は戻ってきたわ。戻ってきたのよ。貴女をこの手で――殺してあげるために。

冥府から追われる身となったアコニットを匿う誓護は、彼女を変装させ、自身と同じ白耀学園へ通わせていた。迫り来る危険から逃げるでもなく、日常生活を続ける誓護の、本当の目的を聞き出すこともできず、苛立ちを募らせるアコニット。誓護はそんな彼女の気持ちをよそに、着々と自らの策略を実現させるために行動を重ねていく。そして、次なる冥府からの追っ手が現れて……。

異能バトル全開!

レーベル移籍しいたことで、物語の方向性がかなり変わってきてますね。あとがきでも触れられてますが、前シリーズの夜想譚では主人公の誓護が力のない人間という身で、知恵を絞って教誨師や罪人と渡り合うという展開から、本シリーズでは異能の力を身に着けた彼が、守るべき対象となったアコニットのために、追っ手となった冥府からの刺客や、さらには人界に生まれた異能者たちと戦うという展開になってますね。これもファンタジア文庫というレーベルカラーゆえの路線変更でしょうか。

そんな新展開の本作ですが、誓護が力を得たことで、アコニットが守られる立場になり、そのせいか、彼女がか弱いお姫さま的な、あるいは誓護にデレまくってるような描かれ方をされるようになってきてるのは少々残念ですね。アコニットは、誓護と出会った当初のような気高さや高潔さ孤高さなども魅力の一端だったと思うだけに、力を失ったとはいえ、弱々しさを全面に押し出し、誓護に依存しているような姿にちょっと不満を抱いてしまいます。これから、誓護が掲げたような大きな目的を果たしていく過程で、彼女がまたどう変わっていくのかに期待したいですね。

さてさて、今回のお話ではアコニットに因縁深い彼女が復活したり、その手駒たる少年少女たちと誓護の対立が明確化、そして、彼の最愛の妹にも魔手が……といったところで次回に続いて、なかなかに先が気になるところ。

誓護にとっては、彼が友人と定める存在を選択させられたという苦い展開ですが、彼が彼自身の決意をもって、アコニットを選んだというその事実、彼女にはまだしっかりとは伝わっていないけれど、それは誰も彼もに裏切られ、希望をなくしかけているアコニットにとって、唯一で最大の救いなんでしょうね。

hReview by ゆーいち , 2008/10/30

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 幻想譚グリモアリスII 千の獣が吼ゆるとも

Still quiet here.

Comments are closed.