蒼穹のカルマ

このページは約 2分11秒で読めます。

stars ……あと約二十五分。お相手を願おうか。――貴様は神と踊れるんだ、光栄に思え。

蒼穹園上空、人間たちを脅かす不純物・空獣の駆逐を使命とする騎士たちがいた。そんな騎士の中の一人、空を駆ける鎧を身にまとい、最強と名高い騎士・鷹崎駆真は、この日、なにものにも代え難い重大な使命を全うしなければならなかった。空獣警戒の緊急警報も何のその、世界の平和よりも何よりも、彼女にとって大事なものとは……。

表紙から受ける印象とはずいぶんと違ったお話だった気が。

鉄面皮にして最強の騎士・鷹崎駆真の最大の使命の前に立ちはだかる最大の試練の数々! って書くと何ともシリアスな感じがしてきますが、その実かなりドタバタ満載の痛快爽快なお話でした。

対外的にはクールビューティで近づきがたい存在のような彼女が、実はとんでもなく姪を溺愛していて、彼女のためなら世界さえ滅んでしまえとそんな過激な発言さえも素でしてしまうような破天荒さを持ち合わせているあたり、単なる格好いい最強主人公に止まらない感じがしますね。作品解説で『スレイヤーズ!』に連なる富士見ファンタジア文庫のある意味正道であるというのも納得なお話し。

とにもかくにも、一難去ってまた一難な駆真の道程。それこそその試練一つクリアするために本を一冊使ってもおかしくないくらいの規模の困難なのに、駆真の姪の在紗を想う気持ちと彼女の実力の前には荷が勝ちすぎるのかー。そんな中でもそれぞれの試練の中で、今後もレギュラー化しそうなキャラも登場してきたし、ラストでは彼女らも含めて賑やかな引きだったし、駆真の周囲はどんどん賑やかになっていきそうですね。

意味深に張られた伏線が結構残されていて、物語の始まりとしてはなかなかな出だし。続巻前提の刊行のようなので、そういった謎を今後しっかりと回収していってほしいですね。

hReview by ゆーいち , 2009/03/07

蒼穹のカルマ1

蒼穹のカルマ1 (富士見ファンタジア文庫)
橘 公司
富士見書房 2009-01-20
Amazon | bk1
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 蒼穹のカルマ

Still quiet here.

Comments are closed.