タバサの冒険 3―ゼロの使い魔外伝

このページは約 1分56秒で読めます。

stars で、あんたはどうするんだい? ヴァルハラとやらに逃げ込むかい? でも、もし……、戦うつもりがあるんなら、“狩り”のしかたを教えてやるよ。

タバサを主人公に本編の裏側を描く外伝第3弾。かつて王女として幸福な日常を送っていたシャルロットが、王位を巡る陰謀に巻き込まれ、家族と地位と、その名を失うことになるお話が明かされます。

重い、重いよ。本編は現状、バカップルな主人公たちにも新たな試練が訪れてきてますが、こちらの主人公のタバサは、そのずっと以前から、誰にも頼れない孤独な戦いを、自ら選び自らに課してきたという事実はなまなかなものではないですね。

最初の任務で放り込まれた魔獣が巣くう森で生まれた出会いと別れ。自分と似た境遇にあった彼女の生き様を見て、彼女の言葉と行動から自分が何をすべきかを学んで、年端の行かないシャルロットが心を凍らせ、タバサへと変わっていくその過程は淡々としているようで、実際は過酷なものでしたね。

そんな彼女が、ようやく自分自身を取り戻せそうな時期が訪れてるわけですが、才人への無自覚な想いに戸惑ってみたり、才人といつも一緒にいて相思相愛なルイズへ小さな嫉妬を覚えてみたり、予想外のイベントで密着したり肌を見せてしまったりで少女らしい恥じらいを浮かべてみたりと、年相応の心の動きが見られるようになったのは喜ばしいことでしょうね。

とはいえ、また彼女は政治の舞台へ駆り出されて、新たな策謀の渦中に囚われてしまってるわけですが、タバサが彼女自身の望む幸せを手に入れられる日が、いつか訪れることを望みますね。

hReview by ゆーいち , 2009/05/02

ゼロの使い魔外伝 タバサの冒険3

ゼロの使い魔外伝 タバサの冒険3 (MF文庫J)
ヤマグチノボル
メディアファクトリー 2009-03-25
Amazon | bk1
スポンサーリンク

One Trackback to タバサの冒険 3―ゼロの使い魔外伝

お亀納豆のライトノベルまっしぐら
お亀納豆のライトノベルまっしぐら 2009年10月20日 at 11:06:28

ゼロの使い魔外伝 タバサの冒険 <3>

著:ヤマグチ ノボル イラスト:兎塚 エイジ
“お姉さま……、だめね!そこは甘噛みいくべきなのね!もう!本なんか読んでじれったいのね!甘噛み!甘噛みいくのね!”
約七ヶ月の…

0 Responses to タバサの冒険 3―ゼロの使い魔外伝