ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

さあ、取り戻しに行こうじゃないか。きみが手に入れるべき世界を。

大きな力を持った謎の二人組の刺客から辛くも逃れることができた才人。しかし、相棒のデルフは失われ、アンリエッタとの秘め事を目撃されルイズもまた彼の前から姿を消し ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

見せてあげる。そして思い知りなさい。あんたの救ってきた人間の醜さってやつを。

一二三(ワルツ)によって捕らえられた一(にのまえ)とあまりあを救うために、九(いちじく)は彼女とゲームをすることになった。舞台となる城の中に強制 ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

ルーク、あなたは私を救ってくれると言ったけれど。私はただ守られるだけの女ではないよ。

聖剣の鞘としての役割を知ったセシリー。独立交易都市でのヴァルバニル会議開催が目前に迫る中、ルークは彼女に科せられた呪われた使命を断ち切る ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

すまぬ。私はわがままだ。迷惑もいっぱいかけている。だが、それでも……、それでも私は、夏穂やみんなと一緒にいたいのだ。

シャレイリアと夏穂が文化祭で交わした生徒会長になるという誓約。それが果たされないときには、恐るべき災厄が ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

……諦めるな。俯くな。前を向け。誇りを持て。自分を信じろ。理想の自分を思い描け。願え。足掻け。祈れ。叫べ。その神経と精神と魂の赴くままに想像し創造しろ――お前自身が主人公の、最高にイカした物語を! さすれば《世界》は貴様の望むままだ! ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

俺は……千冬姉を、箒を、鈴を、関わる人すべてを――守る!

IS――インフィニット・ストラトス――それは女性にしか扱えない兵器の総称。ISの操縦者を育成するIS学園に、男なのにISを起動することができてしまった織斑一夏は、半 ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

そうよ。現実は常に小説の中より厳しいのよ。だからアタシは戦っていかないといけない。この世に息をしている舞台バカはいないのだ。アタシはこのどこにもやれない想いを墓までかかえて生きていかなければならないのだ。

表題的には1巻で ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

大事なことだからもう一度言います。二人とも可愛すぎです。

町内会の会長となったデーモンテイルのラプンツェル。世界征服への第一歩と意気揚々に活動を続けるも、結局は今までと何ら変わりのない何でも屋家業。そんなお仕事の最中、竜太 ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

大地のバカ……。いつもは鈍感なくせに、こんなときだけ鋭いんだから!!

占い師の起こした事件も解決し、学祭の準備に盛り上がる大地と渚。UMA研究会の面々と共に発表会に向けての企画も動き出していた。そんな中、大地の前に行方知れ ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

ぼくは奴隷なんだろ。ミネルヴァのものなんだ。逃げるわけない。この先ずっと――その死を、喰らってやる。

周囲の人間の命運を喰らう《獣の烙印》をその身に宿した少年クリス。敵以上に味方にこそ、その存在を恐れられる彼は、その素性を ...