ライトノベル, 読書感想, スーパーダッシュ文庫

どうにもならないことがあるとね。人間は、考えるのをやめちゃうの。希望を持つと、つらいでしょう? 思い通りにならないってわかってるのに頑張るの、大変だもん。今、この国はそんなふうになっているの。『助ける』っていうのは、たぶんそういうのと ...

ライトノベル, 読書感想, スーパーダッシュ文庫

わたしはそんな手に乗せられません! 覚えておいてくださいっ! わたしは絶対に芹沢先輩や、梅ノ森先輩や、霧谷先輩みたいに、都築先輩のいやらしいハーレムなんかには入りませんから――――っっっっ!!!!

二年生になった巧たち迷い ...

ライトノベル, 読書感想, スーパーダッシュ文庫

細かいことはいいけどさ、人生はマンガとは違うからね。いつまでもみんな仲良しでしたじゃあ終われない。結局そこに行き着くわけだよ。それで、巧くんは誰を選ぶの?

卒業を迎えたメンバー、夏帆や珠緒らと最後の活動である卒業旅行を計画 ...

ライトノベル, 読書感想, スーパーダッシュ文庫

人助け、なんて不遜なことを思ってるんじゃないんだ。言葉はそうでしかなくても。こんな幸せな気持ちになれることがあるだろうか。誰かの幸せを、共に感じられること。それが、父さんと母さんが、そしてこの子が、わたしに教えてくれたことだった。

ライトノベル, 読書感想, スーパーダッシュ文庫

わたしの家族は、わたしが決める。生まれたときから一緒にいた家族はいないけれど、今から一緒にいる家族は、決められるから。

夏祭りの宣伝の効果あってか、経営が立ち直りつつある『ストレイキャッツ』。新たにバイトを始めた千世も初め ...

ライトノベル, 読書感想, スーパーダッシュ文庫

俺たちはあそこで、迷わず安心して暮らすことを覚えた。だから、大切なんだ。

学園長の孫にして梅ノ森学園の実質的な最高権力者・梅ノ森千世は苛立っていた。彼女が作ったサークルが、他の参加者にないがしろにされていることに。特に、都 ...

ライトノベル, 読書感想, スーパーダッシュ文庫

迷惑は、かけてもいいんだ。家族には。そして、友達にも。

都築巧の姉・乙女がまた面倒事に首を突っ込んだ。そんなことばかりしているから、経営する洋菓子店『ストレイキャッツ』が危機的な状況にあるというのに。幼なじみで凶悪な口の悪 ...