リリアとトレイズ〈3〉イクストーヴァの一番長い日〈上〉

このページは約 46秒で読めます。

リリアとトレイズ〈3〉イクストーヴァの一番長い日〈上〉

読了。

待て、下巻、ということで、また良いところで終わってしまった。巻末収録の短編「騎士の背中」は、確かに重要なお話。「アリソン」読んでないとネタが分からないのはアレだけど。

前シリーズで起きた事件は風化せずに、今回牙を剥いたわけですが、それに立ち向かうのが、18年前に活躍して国を救ったアリソンとヴィル、フィオナとベネディクトの子らであるあたりが面白いですね。繰り返しになるようでいて、また個性が異なる二世たちの活躍に期待。

しかし、リリアの粗野な言葉遣いはどうにかならんのか(^^; これじゃヒロインといわれても、まったく可愛げがないじゃないか。トレイズも苦労するわ、これじゃ。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to リリアとトレイズ〈3〉イクストーヴァの一番長い日〈上〉

Still quiet here.

Comments are closed.