ご愁傷さま二ノ宮くん〈5〉

このページは約 1分44秒で読めます。

ご愁傷さま二ノ宮くん5

読了。

さて、新キャラの顔見せのためだけに1冊使うのは正直どうかと思いますが。本巻の物語における位置づけが、あってもなくてもほとんど問題がないような気がします。前巻でぎくしゃくしてしまった、真由と麗華の仲直りのエピソードにしても、殺伐としすぎてて……。

というかですね、ラブが足りないのです、ラブが。どうにも、真由と峻護の仲むつまじい姿に、麗華が嫉妬、という常道が板に付いてきているのはよいものの、それからの発展がほとんど見られないのが大きな不満。冒頭で、峻護が自らの裡の二人に対する気持ちを定義づけようと、お堅い頭をひねろうとしたときに事件が起きたものだから、そっち方面のラブでコメを期待した私は肩すかし。

まぁ、逆にこちらの緊迫感がある(?)展開が1巻を彷彿させて好ましいという意見もあるかもしれませんが、今回は、真由と麗華の共闘で乗り切ったと思ったら、真相は……。と、この真相がいただけない。

いつも通り、姉の仕業かと思われたら、また違った思惑があったりと、峻護の与り知らないところで、様々な思惑が錯綜しすぎて、こんがらがってるのがどうにも気持ちよくないです。

で、エピローグの引き。これを持ってくるのなら、ここまでの展開は、どんなものででもあまり違和感がないのかなと。それなら、もっと別の展開を期待したかったかなと。

真由と麗華が互いの過去を知った現時点で、条件が五分五分。主観的には分は麗華嬢にあるように見えますが、真由の語られなかった謎とかもあるし、両者の天秤がどちらに傾くかというのは、まだまだはっきりしそうにないですね。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ご愁傷さま二ノ宮くん〈5〉

Still quiet here.

Comments are closed.