ヒドラ HYDRA〈2〉

このページは約 37秒で読めます。

ヒドラ HYDRA〈2〉読了。

うあー、絶望的な終わり方だ。残された方も、捨てた方も、救われた人がほとんどいないじゃないか。

エイトとアラタ、ウミとハナの二組のきょうだいのすれ違いが根底にあって、その意志が最後まで通じ合うことがなかったというのが悲劇だなぁ。

村を捨ててどこかを目指したアラタとハナは、この先も、いつか死が訪れるまで、人目を忍んで隠れ逃げ暮らす逃避行が続くかと思うとどうにもやるせなくなりますね。

どこかに救いがあるかと思っていたら、最後まで救いのなかった作品。万人受けはしないだろうなぁ。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ヒドラ HYDRA〈2〉

Still quiet here.

Comments are closed.