かぐや日記—GIRL meets BOY from AKITSUSHIMA

このページは約 57秒で読めます。

かぐや日記—GIRL meets BOY from AKITSUSHIMA読了。

主人公・かぐやの日記形式で描かれるボーイミーツガールもの。なのはいいけれど、どうにも構成が無駄に複雑で読みづらいですー。秋津島という、異世界の名前が唐突に出てきたかと思ったら、その説明がされるのは後日であったりと文脈が飛びまくって、余計な部分で状況把握が困難になってしまってます。

個別エピソードもかぐやの主観で語られるのだけれど、彼女だけが知っていて読者に明かされない情報*1が多かったり、掘り下げが浅くて淡々と進められたりして全体的に起伏の少ない物語でした。これといって大きな障害もなく、相思相愛になってしまったけど、いいのかなぁ……。

まったりとした作品ではありますが、それゆえに平々凡々な作品止まりといった感じです。どうも、この日記形式の文章というのが、あんまり好きではないようです。

  1. アリシエル詩譚という作中小説の説明とか []
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to かぐや日記—GIRL meets BOY from AKITSUSHIMA

Still quiet here.

Comments are closed.