コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN03『囚われ の 学園』

このページは約 3分21秒で読めます。

中華連邦総領事館で合衆国日本再建の宣言を果たしたゼロ。ロロはゼロを討つために、領事館を訪れるが、彼の携帯を鳴らしたのはルルーシュ。ゼロであるはずの彼からだった。

学園はやはりブリタニア帝国の監視下にあるようで、機密情報局所属となったヴィレッタの指揮下で、ルルーシュの監視が続けられていた様子。ロロもその場にいるけれど、彼の覚えは他の局員からはよろしくないみたい。

一方、記憶を取り戻し、ヴィレッタたちの動向に目を光らせるルルーシュ。ひとりずつは除するために動き出すけれど、ロロを「優しく攻略」て……。腐女子向けのファンサービスですか?

一方、ナイツオブラウンズの第7位となったスザクはランスロットを駆って戦場へ。悪魔の称号を得るほどの鬼神のごとき活躍。彼の活躍を後方で見守るシュナイゼルは、やっぱりいいひとに見えるんだけれど、未だに裏がある疑いを捨てきれないなあ。今のままじゃたんなるボンボンだもんなあ。

ロロはルルーシュがゼロでないことを願っているみたい? 彼にプレゼントされたロケットへの並々ならぬ思い入れだったり、家族への憧れにも似た表情を見ると、彼は望んでルルーシュの弟を演じているみたい。でも、ゼロに向ける憎悪はそれと矛盾してるんだけれど、ロロにはロロの理由があるんですかね。そして、ついに発動したロロのギアス。主観時間の停止っぽいけど、これはこれで凶悪な能力。訳も分からず殺された名もない部下さん哀れ。

そして、カレンは相変わらず空気読まないサービスシーン。もっとやれ。ていうか、DVD版だとタオル落ちたりしませんか? 

ルルーシュのギアスは、やはり制御し切れていないのか、C.C.から特製の魔眼殺しを授かります。まだまだ強力になっていくとしたら、現在の制約が取っ払われるのか、あるいは問答無用で目の合った人間を支配下に置いたりするのか、厄介な代物な印象ばかり。これも今後の伏線になったりしそう。

ヴィレッタ先生への誕生日プレゼントへシャーリーに付き合って出かけたルルーシュ。第一期のシャーリーの想いを知っているだけに、このデートじみたお出かけは、彼女が望んでいたささやかな日常なんですよね。疑いなくルルーシュとの買い物を楽しむシャーリーに与えられた偽りの平和は、けれど最後まで彼女を騙してくれているのなら、彼女にとっては真実になるし、そうなってほしいなあ。でも、何となく、彼女は報われない気がして戦々恐々。ルルーシュが覚える罪悪感も、なんかフラグっぽいよう。

黒の騎士団残党の処刑宣告に、動くに動けない身を知略でカバーし、ついにロロの正体にたどり着いたルルーシュ。ここで発動するロロのギアスを、時間停止と目星を付けるけど、やっぱり、時間停止って強力すぎでしょ? なんか制限在るんだろうけどそれは次回のお楽しみ?

そして、最後の最後、黒の騎士団に対して反旗を翻す黎星刻。カレンに対する穏やか所作とは一転した敵意に満ちた行動。カレント手合わせしたいとか言っていたけど、そういう狙い? 相変わらず、1話ごとに状況がめまぐるしく動いていて、なんとも忙しい作品です。翌日の処刑までに、この状況をどうやって覆すのか、次週も楽しみです。

スポンサーリンク

2 Trackbacks to コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN03『囚われ の 学園』

Mare Foecunditatis
Mare Foecunditatis 2008年4月20日 at 22:12:13

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN 03 「囚われ の 学園」

さて、前回ゼロの復活でおおはしゃぎのディートハルトでしたが、
TURN03「囚われ の 学園」に向けて仕込みはもう十分!策士ディートハルトがひそかに行なったネット流出効果で今回は視聴率もアップかぁ~?…

無限回廊幻想記譚
無限回廊幻想記譚 2008年4月21日 at 0:44:59

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 03「囚われ の 学園」

「気に入らないわね、私たちにまで秘密にするなんて」

「“私たち”? ……“私”だろ?」

中華連邦領事館に訪れたロロ・ランペルージだが、踏み込もう…

0 Responses to コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN03『囚われ の 学園』