コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN14『ギアス 狩り』

このページは約 2分27秒で読めます。

シャーリー殺害はロロの手によるもの。あっさり自白した彼だけど、ルルーシュの気持ちを理解し切れていないのが、彼の先行きを暗澹たるものとしていますね。ルルーシュのボロ雑巾発言の実現の可能性が一気に高まってきましたね。

そして、シャーリーの葬儀は……。ああああああ……。

響団への殲滅を宣言するルルーシュ。シャーリーの弔い合戦は、ルルーシュのわがままだなあ。その怒りの矛先はどうしようもないとはいえ、無駄になりそう。

ジェレミア卿を装ってV.V.にコンタクトを取るルルーシュ。宣戦布告と同時に響団に突入、余裕ぶったV.V.を追い込んだ感じだけれど、果たして。

一方、ナナリーと再開するカレン。そして、スザク登場で、カレンは戦場へ出撃するのかな。

しかし、展開が早い。響団本部の壊滅もあっさりなしえそうだし。

黒の騎士団幹部間の動向はゼロ不在でもある程度回ってる? ディートハルトは扇の動向に疑念を持っているけど、ヴィレッタと通じてるのは事実っぽい。

そして、V.V.はジークフリートで出撃。こいつの脅威は折り紙付き、苦戦必死。やっぱつええええ。V.V.のマリアンヌへの憎悪の理由はいったい何なんでしょうね。

って、スザクとカレンの間でシャーリー殺害の疑惑がルルーシュに向けられてる!?

ルルーシュの恨みはロロにも向けられていて、自爆のための道具扱い。自爆の寸前に弱点を突いたのはコーネリアで。ジークフリートを一気に撃墜したけれど、V.V.はどうなったのか。そして脱出しようとした響団員はC.C.の手によって殺されて。

スザクがどんどん暴走していく。リフレインによってカレンをどうにかしようって、もう、正義とかそんなの関係なく、ルルーシュへの憎しみで動いてる感じだなあ。シャーリーが残した、スザクがルルーシュを許したくない、ってその言葉が届いていない。むなしいですね。

かろうじて脱出したV.V.の前にはブリタニア皇帝の姿が。頼るべきものは兄弟、そして、嘘をついた兄弟に対して、皇帝が下す判断は。

そしてルルーシュも謎のシステムで皇帝の眼前に飛ばされて。アーカーシャの剣、神を殺すためのシステムの正体がいよいよ明かされる? 時が来た、贖いの時が。皇帝の語るその言葉の意味は。今週も爆速の展開でしたね。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN14『ギアス 狩り』

Still quiet here.

Comments are closed.