ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

だから──この世界が私を認めないというのなら、私は喜んで世界の敵になろう

シティ・モスクワ軍による、賢人会議確保への向けた動きが本格化していく。多数の子どもを保護したままのサクラは、シティ・メルボルン跡地を捨て、子どもたち ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

お待たせ……真打ち登場、かな?

賢人会議の手がかりを求め、シティ・メルボルン跡地を訪れたディー、セラ、祐一。そこには、旧知の求めに応じて真昼と月夜も訪れていた。そこで出会うサクラという少女。マザーシステムの犠牲にされる子ど ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

世の中ってのは上手くできててな、人にできないことができるヤツは、人より苦労することになってるらしい

街で倒れたファンメイを助けたフィアは、けれど彼女の警戒を解くことができず、距離を縮めることができずにいた。ヘイズとリチャー ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

アキラの風水ってのは、俺が知ってる風水とどう違うんだ?

返還が迫る魔都・香港。香港商店師団の一員として活躍する風水師のアキラは、とある事件の直後に香港一の五行師ジェイガンの最期を看取る。その背後では、香港上空に在る滅びた天 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

Live with fear no evil whatever

架空都市倫敦。書物の中に築かれた英国はそう呼ばれている。天使と魔物が住まう都市、あらゆる存在・事象が文字として表される都市。そんな架空都市に簡単には入り込めな ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

私だって錬のことが心配で、錬のことを助けたいっていつも思っているんですよ?

便利屋の《魔法士》として世界を転々とする錬とフィアは、スイスの古い地下実験施設で少年と出会う。エドワード・ザイン。世界最高の《人形使い》である彼は ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

それでも……すべてをなげうっても守りたいものが、君にはあるだろう

北米、シティ・マサチューセッツ。簡易型《魔法士》の量産に成功したファクトリーと軍の統治下にあるシティ。そこを訪れる黒沢祐一。かつての戦友であり、今はマリアと ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

ヘイズさん……運命って、変えられると思いますか?

上空二万メートルを人知れず漂う島は、自らの身体を変化させて戦う《龍使い》と呼ばれる魔法士の研究施設だった。ヴァーミリオン・CD・ヘイズはモスクワシティの軍の依頼を受け、サン ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

──僕達は、この世界になにを祈り、なにを願って生きていくのだろうか

過ぎた科学が生み出した大気制御プラントの暴走とエネルギーを巡っての戦争で、人類はその数を大きく減らし、わずかに残された閉鎖型都市《シティ》に追いやられ滅亡 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

えー、こちら伯林上空。全周波数に向けて送信中

人類史上初の有人宇宙飛行の不幸な結末から十五年。宇宙への挑戦が無意味なものとして誰もが顧みない世界。そんな中、ヴァルターとパウルは、独自に建造した超常識飛行戦闘艦カイザーブルク ...