ガガガ文庫,ライトノベル,読書感想

Thumbnail of post image 072

個性という名の残念さをそれぞれ抱え、相変わらずリア充の欠片もない0点の学校生活を送る奉仕部の部員たち。そんな青春の隔離病棟・奉仕部に初めて事件な依頼が飛び込んで――?
八幡の妹、新キャラも登場の第二弾。俺の青春のダメさが今、加 ...

ガガガ文庫,ライトノベル,読書感想

Thumbnail of post image 015

孤独に負けず。友達もなく、彼女もなく。青春を謳歌するクラスメイトを見れば「あいつらは嘘つきだ。欺瞞だ。爆発しろ」とつぶやき、将来の夢はと聞かれれば「働かないこと」とのたまう――そんなひねくれ高校生・八幡の間違いだらけの青春模様――俺の ...

ガガガ文庫,ライトノベル,読書感想

Thumbnail of post image 117

大好き作家・荒川工の新作が登場。幽霊もので、さらには表紙イラストには見覚えのあるあのゲームが(笑) これは期待するしかないじゃない! 主人公はアラフォーのおっさんでしかも幽霊。息子の身体を借りて、えろげー制作頑張ります。何このカオス? ...

ガガガ文庫,ライトノベル,読書感想

Thumbnail of post image 123

「クスノキの里に学校を! 」歴史を逆再生するスローガンによってわたしに回ってきた教師役。三人の問題児は、エスカレートする保護者の要求のもとにやりたい放題! 助っ人教師の皆さんの顔面にもパイの嵐で、ついにわたしも暴走!? クスノキの里、 ...

ガガガ文庫,ライトノベル,読書感想

Thumbnail of post image 184

まだまだ続くよ、〈血の祝祭〉編! この終わりの見えない殺戮劇に終止符を打つのは一体誰だ? 常に移り変わってゆく戦いの趨勢。アンヘリオ、カジフチ、そして使徒達だけでも手に負えないのに、今度はパンハイマまでもが……。予測不能の最悪の祝祭が ...

ガガガ文庫,ライトノベル,読書感想

Thumbnail of post image 101

美しくも残酷な始まりと崩壊の記録――「Assault」が、大幅改稿と新章追加で完全真説版として新生。ジオルグ事務所時代、ガユスたちの秘められた過去を描く『されど罪人は竜と踊る』始まりの物語。それはかつて、確かにあった彼と彼女と仲間たち ...

ガガガ文庫,ライトノベル,読書感想

Thumbnail of post image 061

私が許す。殺せ。無価値なおまえが無価値な隣人を殺し、親を殺し、兄弟姉妹を殺し、子を殺し、妻や夫を殺せ。道で挨拶した人々を殺し、殺されればいい。私もおまえたちを殺すし、おまえたちも私を殺しにくればいい。自分や他人の死という冗談で笑おうで ...

ガガガ文庫,ライトノベル,読書感想

Thumbnail of post image 021

だから、桜子、きみひとりの戦いだというなら、それでいい。ぼくが――ぼくが、きみの弾丸になる。

戦争で街を焼かれ、家も学校もみんな失ったぼく。東京の中学校に転校する当日、ぼくを迎えに来たのは、桜色に輝く不思議な飛行兵器とその ...

ガガガ文庫,ライトノベル,読書感想

NO IMAGE

さぁ、本来の計画を開始しよう。他の使徒に負けないように、血の祝祭を開始しよう。

アナピヤを失いジヴーニャと別れたガユスは、傷心を抱えエリダナの夜を彷徨い、強敵ユラヴィカを失ったギギナは、剣の方向を見失う。そんな中、最悪の殺 ...

ガガガ文庫,ライトノベル,読書感想

Thumbnail of post image 121

あたしはガユスが好き。愚かで弱くて嘘つきでも、ううん。だからこそあなたが好き。愚かさも弱さも嘘も、あなたの優しさで長所だから。あなたが他の女の人を好きでも、あたしはガユスを愛している。

記憶を失くしたアナピヤの故郷へと向か ...