ライタークロイス〈3〉

このページは約 2分1秒で読めます。

stars 強くなろう。そのとき守りたいと思ったものを、守れるように

インフェリアでの公務の合間に、ファリアに連れ出されるような形で待ちに繰り出したカインとレイクは、帝国では見たことのない様々なものに感心しきりの観光気分。しかし、食事のために立ち寄った料理屋でカインは出会ってしまう。騎士登用試験のとき不正を持ちかけ、結果的に騎士となる夢を手折った男──かつてウルバと名乗ったアリキーノに。

だんだんきな臭い展開になってきました。というか、3巻にして怒濤の展開といっても良さそうなくらいに、激しい展開です。

インフェリアの目論見は、騎士勲章の解明と、魔物への対抗策の入手であったはずなのに、それが原因なのかどうか、より危機的な状況を招いているようにも思えます。

これまで、騎士が魔物を圧倒していたという力関係が、今回登場してきた魔物たちの存在を見る限り、その天秤は逆側に大きく振れかねない様子です。人間同士の小競り合いの前に、共通する敵が力を付けてしまったら、この隣り合う国はどのような手を打つのでしょうね。何気に緊張感高まってますよ。

そして、カインはようやく明確な騎士になる目的を見いだします。憧れから目指した騎士だけれど、命をとしてその責務を全うするとき、カインが何を支えにするのか。これまで漠然としていたその思いが、アリキーノとの再会と、インフェリアでの戦いを通じて見えてきました。そこに至るまでにカインが背負ってしまったものは、決して軽いものではないけれど、それは間違いなく彼を大きく成長させるきっかけとなったでしょうね。

巻を追うごとに面白くなってきてます。カインがこれからどんな成長を見せていくのか、楽しみです。

hReview by ゆーいち , 2008/04/04

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ライタークロイス〈3〉

Still quiet here.

Comments are closed.