バカとテストと召喚獣〈6.5〉

このページは約 4分26秒で読めます。

stars やめてよムッツリーニ! どうしてここで男泣きなんかするの!? 泣くくらいなら逃がしてよ! く、くそっ! こんな殺人鬼だらけの海岸にいられるかっ! こうなったら僕は一人で部屋に閉じこもってバリケードでもうわぁあああっ! 来たぁっ!? なんか凄い勢いで誰かが泳いできたぁっ!!

短編集第2弾。ついにその姿を現す秀吉の姉・優子。抱えた難問に対し彼女が取った苦肉の策とは……!? ようやく迎えた夏休み! 海だ水着だバカンスだ! 海へと旅行へ出かけた一行を待ち受ける抱腹絶倒、命を賭けたイベントの数々。そして、かつては神童と呼ばれた雄二と翔子。ふたりの間に起こった幼い日の事件が今語られる。

バカな物語も巻を重ねること早8冊。安定感とともに突き抜けたバカさっぷりはなりを潜めてきたような……? 読者側が慣らされてきてる部分もあるけれど、そんなマンネリを感じそうなタイミングで短編集と毛色の違うエピソードを持ってくるあたり侮れません。バカだバカだと思ってばかりの登場人物たちにのバックグランドが語られると、そのギャップやら何やらでさらに今の面白おかしさが倍増されるような。

ということで、秀吉メインの短編『アタシと愚弟とクラス交換』では、姉との入れ替わりを余儀なくされた秀吉が、そのFクラスっぷりを遺憾なく発揮するエピソード。やはり秀吉もFクラス……っ! 何、このずれた受け答えは。姉の優子の方も大概おかしな趣味を持ってはいるけれど、まだ常識的かも知れないとか思ってしまう時点で、この学校は、この生徒たちは、何かがおかしい。

前後編構成の『僕と海辺とお祭り騒ぎ』は、いつにも増して女装分多めだなあ。これは読者のニーズに美少女が応えたということかっ!? ここ最近のエピソードでは誰かが女装をしなければいけないようなシーンが意図的に盛り込まれている気ががが。……うぉ、前巻のアレがフラッシュバックしてしょんぼりな気分になってきましたよ。そして、そんな屈辱的な格好をさせられ失意のズンドコに沈む男性陣とはうらはらに、ノリノリの女性陣が別の意味で危険を感じるのですよ。Fクラスならではの黒さがじわじわと浸透しつつある姫路さんやら、雄二のためなら何でもする神にも悪魔にもなってみせるな翔子さん、さらにはこの弟にしてこの姉アリな玲さんまで、彼女たちの留まるところをしらないアグレッシブさはもはや凶器。南無南無~。いや、まぁ、恵まれた環境にいるくせに、そちらに目もくれずに他の女に目がくらんだ、とか取られたら、うん、骨の一本や二本や三本や人間の尊厳なんて、不要かも知れませんね? あと、何気にムッツリーニと工藤さんは良い感じになってるなあ、もう、ハタから見たらキャッキャウフフしてるようにしか思えないよっ。

最後の短編『雄二と翔子と幼い思い出』は三人称かつ雄二と翔子の過去話という異色作。の神童の成れの果てのアレを見ていると想像もできないけれど、本当に優秀だった時期があったんだなあ、と。他人との距離の取り方とか付き合い方を知らない未成熟な心とか、自身の唯一の拠り所としていたものが、肝心なときには何の役にも立たないと知ったこととか、そこで見せた彼の行動こそが、少女の心の中に少年が住み着くきっかけとなった原風景だったりとか、本編のノリとは違えど、こんなエピソードがあったからこその、今の関係であるのかなあと感慨深げですよ。そこで翔子が決意したことと、雄二母のバックアップやらで、今の雄二の包囲網はこれでもかと狭まっているわけですが。口べたな翔子がどれだけ雄二を想っているのかとか、言わぬが華な部分ではありますが、茶化した雰囲気でなく本気で向き合ったらあっさりコロリと雄二は陥落しそうな気もするなあ。そんなエピソードを経て、今のFクラスの中心になるような性格になったのだとしたら、かつての自分と今の自分、どちらが幸せだと問われたら、雄二がどう答えるかなんて、もう見えてるような気がしますね。

本編の合間の短編集としても大変美味しくいただきました。

hReview by ゆーいち , 2009/09/12

バカとテストと召喚獣 6.5

バカとテストと召喚獣 6.5 (ファミ通文庫)
井上 堅二
エンターブレイン 2009-08-29
Amazon | bk1
    スポンサーリンク

    2 Trackbacks to バカとテストと召喚獣〈6.5〉

    ゆーいち
    ゆーいち 2009年9月12日 at 10:19:41

    更新したよ! : バカとテストと召喚獣〈6.5〉 http://www.u-1.net/2009/09/12/1944/

    gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
    gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) 2009年9月12日 at 11:03:38

    『バカとテストと召喚獣6.5』の感想レビュー(ライトノベル)

    ファミ通文庫のラノベ、『バカとテストと召喚獣6.5』(井上堅二先生原作、葉賀ユイ先生イラスト)が発売中です。
    アニメ化も決まって、盛り上がってきている感がスゴいですね。

    0 Responses to バカとテストと召喚獣〈6.5〉