デート・ア・ライブ〈6〉 美九リリィ

このページは約 4分12秒で読めます。

stars 仲間? 絆……? 教えてあげます。そんなもの、私の前では無意味だって……ッ!

デート・ア・ライブ〈6〉  美九リリィ 書影大

九月八日。天宮市内の高校一〇校が合同で行う文化祭――天央祭が迫る中、実行委員として準備に大忙しな五河士道は第6の精霊と接触する。
「これは……歌……?」
無人のステージで光のドレスを纏い、無伴奏の独唱をする精霊、美九。早速デレさせるため、会話を試みる士道だが……。
「何喋りかけてるんですかぁ? やめてくださいよ気持ち悪いですねぇ。息をしないでくださいー」
話すたびに好感度が下落していってしまい。凄まじいほどの男嫌いなアイドルの精霊をデートして、デレさせろ!?

ついに登場百合キャラ。そして士道の女装もあるよ。主人公が女装するとどうしてこうも他のヒロインを上回る可愛さになってしまうのか。生きるのが辛い(笑)

第6の精霊はその歌声で多くの人間を魅了する歌姫・美九。百合百合な嗜好で、士道が素のまま近づいたら好感度ダダ下がりで攻略の糸口すら掴めない詰みゲー状態。発送を逆転させ、女装し、近づけばいいじゃない! な展開は予想通りではありますが、ハマりすぎてヤバい。口絵のしど美……もとい士織たん、可愛すぎでしょう! それにしても、美九の二面性はなんとも痛快ではありますね。男は虫けらのように見下し声を聞くのも視界に入れるのもお断り、けれど、気に入った女の子なら、それがたとえ敵対するASTの隊員だろうと粉をかけてしまう節操のなさ。表だっては人間と同じように生活し、天敵に付け狙われるような愚は犯さず、けれど、自分のホームグランドでは女王さまな彼女は、深い考えのもと慎重に行動しているというよりは、自分の居心地のいい空間さえあればそれで満足しているようなフシも。

そういう価値観の違いが、懸命に接近してくる士道との間で致命的な齟齬を生んでしまい、彼の軽はずみな発言から天央祭で対決することに。美九の得意分野でどう勝負するのかと思いきや、その方法は真っ向勝負。作戦を崩され、邪魔を入れられ、それでも彼が築いてきた精霊たち……十香や八舞姉妹の協力を得て、勝負に望むシーンは名場面ですね。楽しそうに歌う十香の姿が眩しいです。彼女の純真さや楽しいことを素直に全力で表現するというまっすぐさがこれでもかと描かれ、それこそが彼女の良さなんだと再発見させられますね。そして、一人で十分だと驕っていた美九に、総力戦での勝利を収めるくだりはお見事。彼女がそれまで見せてきた、自分以外の人間を道具として扱ってきたことのしっぺ返し。敗北を認められない美九の姿は、確かに子供のようですね。なまじ、何もかもが自由にできるだけの力を持ってしまったため、他人の心を慮ることを軽視してしまったツケ。それに直面したときに、さらに大きな力でねじ伏せようとする様も、彼女の心が幼いままだと証明しているかのように思えます。

けれど、本気を出した美九の能力は圧倒的で、士道に力を貸すひとびとを、一人また一人と自分の味方に付けていきます。四糸乃に耶倶矢、夕弦、そして妹の琴里をはじめとした〈フラクシナス〉乗員の面々。そして、この事件に乗じて動いたDEM社の魔術師・エレンにより、十香までも奪われて。

ああ、これは、かつてないくらいの絶体絶命ですね。士道が精霊の力を振るえるようになったとはいえ、状況を覆すには手札が少なすぎます。周囲は敵だらけで、逃げることもできず、そもそも十香を取りもどさなければならない士道に逃げるという選択肢はあり得なそう。そんな中、登場する最凶の精霊・三狂の言葉が怪しく響きます。彼女との再会は、このどん詰まりの状況からの突破口を開くことができるのか? 次巻は反撃のターンですよね?

hReview by ゆーいち , 2013/03/31

    スポンサーリンク

    Trackback URL

    No Trackback to デート・ア・ライブ〈6〉 美九リリィ

    Still quiet here.

    Comments are closed.